豆は「しあわせ」のタネである

錦市場のとうふ屋さん「近喜商店」

高倉屋ごひいきのとうふ屋さん

お漬物の錦・高倉屋グループ店で何度も口にしたことがある「近喜」さんのおとうふ。あの波ナミのとうふが恋しくて、「近喜」さんのとうふを求めて錦市場へ。

(昨秋に「井上さんとこの とうふの近喜さん」と思って買いに行った木屋町の「近喜」さんは、どうやら別系列のお店のようです)

 

平日でも混雑する錦市場。脇から入るべく、富小路通から行きました。

近喜さんの看板には、「京がんも・湯葉・生麩 近喜」の文字。店先には「京名産 湯葉」「名代 飛龍頭」「京名産 生麩」の木札も。錦市場のおとうふ屋さん、いい雰囲気です。

 

どれにしようかと迷って、試し買いの小粒な買い物となりました。

麩まんじゅう、あげ麩、絹ごしとうふひろうす3種、ぜんぶで770円でした。

 

「あげ麩」はアテ?

笹まきの麩まんじゅうの隣、茶色い丸が「あげ麩」です。私は「あげ麩」の存在を初めて知りました。「薄く切って、ワサビを付けて食べる」のがおすすめだそう。習った通りにいただきました。

あげ麩、気孔のような細胞膜のような海綿のような質感で、弾力があります。けっこう濃厚な甘醤油味、なんとなくキクラゲを食べてるみたいだなと思いました。ワサビがピリッ、つ〜ん! いいですねぇ、クセになりそう。これは、おかずというより、お酒のアテでしょう(^^)

麩まんじゅうは、青海苔の風味がプニュプニュの食感に心地よく、さっぱりしたこし餡と笹が夏らしさを伝えてくれます。「うんめぇ〜!」この笹の巻き方にも、職人しごとが感じられます。

飛龍頭(ひろうす)は「特製」「並」「小」がありました。出汁で炊いて、いただきました。特製にだけ銀杏とユリネが入っていました。3種類つくるのって、きっとお客さんのリクエストに応えられてのことでしょう。

 

近喜さんの絹ごしとうふ

「波ナミが付いてるの、どっちですか?」と訊いて購入した絹ごしとうふ。190円でした。原材料表示には、国産大豆と凝固剤、粉寒天とあります。

とうふにも寒天を入れるんだ! あのツルンとした爽やかな喉ごしは、粉寒天の働きでしょうか?

百練の鍋の中で、ゆらゆら揺れてた波ナミを思い出しながら、食事の最初にいただきました。波ナミの由縁が知りた〜い! 波ナミを見て、粋で男らしく感じるのは私だけ?

近喜さん未食の京生麩、京湯葉ぎせ豆腐も買ってみよ〜

 

近喜商店 京都・錦富小路東

TEL 075-221-1931

大将は「あさい」さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 9月
« 8月   10月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー