黒豆茶で、おなかスッキリ

国産丹波黒大豆100%の黒豆茶

ご馳走づくしで、ついつい食べすぎてしまう時期ですね。ウエイトが気になります。そんな時期に・・・

奈良・大和郡山の森嘉さん(カフェ モリカ)店頭で見つけた黒豆茶、これがなかなか、私に合っていると思います。

img_20161219_1231556月に開催した豆イベントでも、皆さまに味見していただきたくて、この黒豆茶(温)と、なた豆茶(冷)を用意しましたところ、とても好評で早々と品切れになっておりました。

「ノンカフェインなのでお子様も安心」と書かれています。お子様にもですが、あの時は妊産婦さんを意識して振舞いに加えました。

「香ばしく飲みやすい黒豆茶」と書かれています。ほんと、黒豆を自分で煎ってもこのような風味は出せません。黒大豆を焙煎したあとに、粗挽きにした商品です。

10包入り600円でした。1包で約1リットルのお茶を作ることができますから、経済的です(^^)

おなかスッキリ

黒豆の栄養効果として知られているのは、高血圧、動脈硬化、更年期障害、便秘や肥満などに加え、美肌効果やストレス・不眠解消‥‥ まるで万能薬のよう。すごいですね。

丹波篠山のおばあちゃんが前に言われていたのは、のど枯れにいい、風邪をひきにくくするといったこともお聞きしました。

このお茶を飲むと私はトイレの回数が増え、張っていたおなかがスッキリします。黒豆は薬ではなく食品ですから「◯◯に効く」などとは言えませんが、油モノを食べたときや食べ過ぎたかなと思うようなときに、意識して飲むようになりました。

img_20161220_122710

このお茶の袋の裏に、栄養成分表示が掲載されています。

黒豆茶1パックを5分間煮出したあとと煮出す前では、栄養成分が異なるのですね。

気になる成分では煮出す前の100gあたり、たんぱく質 43.7g、食物繊維 15.6g、全ポリフェノール 0.61g、アントシアニジン 0.13g ‥‥ 煮出すと栄養成分は消えてしまうものも‥‥

人それぞれ、何が合うかは異なります。自分に合う食養生を一つ知っているだけで、大きな安心材料になりますね。(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です