15分おかず「焼き野菜に豆ドレ」

夏野菜のおいしい時期です

梅雨のすき間ねらいで今朝も畑に行って、枝豆を収穫

「振売り」って、ご存知ですか? 京都では今でも、野菜や豆腐、魚やおにぎりなどを、リヤカーや軽自動車で売りに回られています。農家さんと顔見知りにつき、畑で出くわすと枝豆以外の穫れたて野菜も分けていただいてます。

というわけで、新鮮な野菜がたくさん手に入ったら‥‥ 焼き野菜にしてモリモリ食べましょう(^^)

昨日調べた厚生労働省の「健康日本21(第二次)」によると、野菜と果物の摂取量はまだまだ増やすほうが良さそうです。平成34年度迄の目標は、1日の野菜摂取量 350g、果物摂取量 100g。平成22年データでは、1日平均282gの野菜が摂られていると書かれていますが、果たして皆さんは、そんなにたくさんの野菜を摂られていますか?

焼き野菜に豆ドレッシング

IMG_20160625_143059

[ドレッシング材料]

・大豆や青えんどう、レッドキドニー、ひよこ豆など(茹でた豆、蒸した豆)  大さじ3

・ヨーグルト(プレーンや豆乳ヨードルト)  大さじ3

・白ワインビネガー、りんご酢、レモン汁など  お好みで小さじ1〜3

・塩、コショウ  お好みで

[焼き野菜の材料]

・ズッキーニ、ピーマン、茄子、アスパラ、トマトなど旬の野菜を適当な量

・オリーブオイル  適量

・塩、ガーリック、ローズマリーなど  好みで

[作り方]

1.豆を用意する。野菜を切って焼いている間に、豆ドレッシングを作る。

2.器に豆、ヨーグルト、酸味、塩コショウを入れて軽く混ぜ合わせる。

3.アスパラを使うときは、茎の下部を2ミリの輪切りにして、野菜を焼く前にフライパンで焼いて、2に混ぜておく。

4.フライパンにオリーブオイルを引いて、野菜を焼く(ズッキーニはオイルをひくとき、好みで粒ガーリックを加えてください)。塩、ローズマリーなどで味を調整。

5.皿に盛りつけて、豆ドレッシングを適量かけたら出来上り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です