豆は「しあわせ」のタネである

味のわかる大人になる「勉強会」1月

新年からのこころみ

ふだん行ってみたいと思いながら、自分一人ではなかなか実行に至らずにいた「味を愛でる食事」に訪れること。

友人U子ちゃんと「1ヵ月に1軒、いっしょに行こう!」と約束して、1月からスタートしました。

その1軒目は、のどかリストよりU子ちゃん選「京都 豆八」さんです。豆腐、豆乳っぽいの、勉強熱心なU子ちゃんに紹介したくて‥‥ その日、Sさまがカウンターに入っておられた豆八さんの本店にうかがいました。

 

 

豆八さんの料理

つき出し3品、白和えはクリーミィな豆腐和え、スモークのお豆腐も。

豆乳出汁のおでんは、出汁の味をしっかり浸みこませてから温かい豆乳に‥‥ 牛スジとじゃがいも〔北あかり〕が好きでした。

 

豆腐六珍? 嶺岡豆腐は何度食べても感動します(^^)

お芋が入った豆腐グラタンに、焼酎の豆乳割り。下戸の私にハーフをいただきました。

 

 

自家製のお豆腐。できたての温かいお豆腐は、大豆の味がしっかりと感じられます。

おばんざい盛り合わせと海老芋の天ぷら。抹茶塩と赤みその田楽味噌が添えられていました。

 

その日のメニューにはない舞鶴かぶの甘酢和えも特別に‥‥(^^)柚子の黄色と蕪の紅色、味を愛でる春の装いですね〜

揚げ出し豆腐に「佐波賀だいこん」をたっぷりのせて。けっこう辛口な大根です。写真を漏らしましたが、びっしりの葉っぱ。大根との炊き合わせをいただきました。

締めのスイーツは豆腐プリン。香ばしいアーモンドが効いてます。

 

豆八のSさん

生意気で不躾な私たちの「勉強会」の意図を汲み、料理写真を撮らせてくださって、舞鶴から入手したての「京の伝統野菜」も味見させていただきました。

Sさん、スタッフの皆さま、たいへんお世話になり、ありがとうございました。

豆八さんの料理と豆乳おでん、また食べに寄せていただきます!

 

関連記事

コメント

    • sugar
    • 2017年 1月 28日

    よーくわかるブログにみいってしまいました♪
    流石!!のどかさん♪
    篠原さん頑張ってますね♪

      • Nodoka
      • 2017年 1月 28日

      えみちゃん、こんばんは。
      豆八さんに行くといつも、何か新しい気付きをいただきます。
      日々、進化しつづける店は、いつ行っても気持ちが良いですね(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー