豆は「しあわせ」のタネである

豆名月とハヤシライスの試作検証

10月21日、十三夜の月

意識して臨んだ「豆名月」。あれ、満月じゃない‥‥ と思ったら、豆名月は「十三夜」の異名でした。ということは、明日が満月ですね。

こちらは昨夜の19時前の月。豆名月のお供えは、枝豆京とうふ

どうぞ、佳きことがありますように‥‥

 

ハヤシライスをつくりました

ハヤシライスの試作係。白花豆を使いました。水洗いしたあと、急ぎで戻すため水浸けする水に熱湯を足しました。呼吸できるように少しだけ開けて、ボウルに蓋をしておきました。

ハヤシライス‥‥ 市販のルウを使わずに作ったこと、ありますか? 私は以前、たしかハインツのデミグラスソースを使ったような‥‥

今回はトマト缶、ケチャップ、ウスターソースなどで味付けしました。牛肉たっぷり。

うん、おいしい。

さぁ、ここからどうブラッシュアップされるか?

ハッピーは、おいしいの隣にある

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 11月
« 10月   12月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー