豆は「しあわせ」のタネである

豆の神さまに訊いてみよう

むかし、ラーメン屋さんと仕事をしていた頃、困難がおとずれると私はその方に

「大丈夫、社長にはラーメンの神さまがついています」と言っていました。

いま私は、同じことを自分に言ってあげたい。

「大丈夫、あなたには豆の神さまがついているから」と。

 

 

赤えんどうや青えんどうの新物が出始めました。

これから順に、今年の新豆がお店に並びます。

 

豆は、おいしいよ。まんまるコロコロ、可愛いでしょう。

 

 

豆を育てる人は、大らかでやさしい。

額のシワにも、泥が詰まった指先にも、土と向き合う強さが宿ります。

 

豆のように、ま〜るく、ま〜るく。

豆の神さま、見ていてください。私のすることを‥‥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー