豆は「しあわせ」のタネである

国際マメ年ポスターと豆まき、恵方巻き

2016 国際マメ年ポスター

2月3日節分、季を分ける新しい始まりの1日。様々なことが今日1日にして動き出したように感じます。

朝2便は、FAO 駐日連絡事務所さんからの荷物でした。ご相談した印刷物と、ご配慮をいただいたポスターが本日届きました!

IMG_20160203_111559 IMG_20160203_111857

FAOで作成された「2016 国際マメ年」のポスターは、豆いろいろで描かれたもの。

約 縦80センチ×横35センチの大きなポスターが20枚。まずは、豆ラボに貼りました。これから、ご縁のある豆つながりのところに、1枚ずつ貼らせていただきに上がります。「ウチにも貼っていいよ」と言ってくださる方がおられましたら、ご連絡ください。お届け致します。

2016 国際マメ年」のリーフレットは、さすが国連の食糧農業機関っぽいインターナショナルな雰囲気の印刷物です。こちらは今日から配り始めました。仕事でお会いする方々に手渡しして国際マメ年をお伝えし、郵便物をお送りする方にも同封させていただいております。100名様分いただきました。残りあと95枚。ご希望の方は、ご連絡ください。

 

私は、このポスターにある豆の1粒になりたいです。「どこにいるかわからないけど、豆が集まって何かしてるよね」の、その1粒。豆好きがわんさか集まって、何かのかたちになる。今年はそういう1年になるのだと思います。

無類の豆好きさんを一人でも多く発掘〜喚起するため、私はあちこち動き回ります。

 

小豆の入った「恵方巻き」

IMG_20160203_100655 IMG_20160203_142422

こちらは、洋菓子店ニノカニーノから「豆の日」のお祝いに毎年お贈りいただく「恵方巻きロール」です。中にいちごや大納言小豆が入っています。「小豆の赤は邪気を祓う」から、大豆ではなく小豆を選んでおられるのかな?

1年に1度やって来る「祝・豆の日」のお祝い。かれこれ5年も続いています。この恵方巻きのように長く長く豆の日が続いていくことを、ニノカニーノのご夫妻が祈ってくださるお気持ちを有り難く受け止めて、おいしくご馳走になりました。

魚が苦手な人でも喜んで食べるスイーツの「恵方巻き」です。鬼さん、鬼さん、今年もありがとうございます。

 

恒例の「護王神社  節分祭」

1年に1度、こうして繰り返し同じことができることを、しあわせなことだと思います。

護王神社さんの豆まきに伺うのも4~5年続いていると思います。何があっても無くても、2月3日は「豆のお祭り参加の日」としております。

IMG_20160203_150820 IMG_20160203_150931 IMG_20160203_153442

これまでは赤鬼さん、緑鬼さんのリアルさとか、人混みのすさまじさとか、拾えた拾えなかったの一喜一憂とかを思うばかりでした。

国際マメ年の2016年節分で初めて気付いたことが2つあります。

 

IMG_20160203_154414

豆まきのとき、みんなが興じる福集めの「福」は、このような方々のお支えあっての賜物。私が拾ったお餅や豆、みかんやお菓子は‥‥ 小餅千個の大八木さま、豆50キロの北尾商事さま、みかんの皆さま、ありがとうございます!

そして、玉串料を含む参加費1万円で

豆撒式奉仕者を募集しておられたそうです。。。  ※リンク先、下部参照

あぁ、なんと! 「当日飛び入り参加はできません」と赤書きされています。あぁ、残念。

来年の豆撒式にはもしかすると、私も豆撒きびとになっているかもしれません。(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー