豆は「しあわせ」のタネである

【築地】10/10 豆の日シンポジウム2019 参加申込は9/18必着

豆の日シンポジウム

日本豆類協会と全国豆類振興会の主催で、開催される豆の日シンポジウム。今回も、藪光生 先生がコーディネーターを務められます。

藪先生以外のご講演・対談は資料参照ください。豆料理の試食やお土産もあります。

このシンポジウムにはハガキでの事前申込が必要です。応募者多数の場合は、抽選で400名が無料で招待されます。(10月初め頃までに当選者にのみに入場案内が届きます)

実データは、こちら

*藪光生 先生は、全国豆類振興会の広報委員長であり、全国和菓子協会の専務理事を務めておられます。

藪先生のご著書

・和菓子噺

新和菓子噺

Japanology「和菓子」WAGASHI

 

10月13日は「豆の日」

全国豆類振興会では、10月13日を「豆の日」と定め、豆の消費拡大に努めておられます。

10月13日が「豆の日」に制定されたのは、旧暦の9月13日「十三夜/豆名月」に由来します。新暦では、年によって日付が変わるため、新暦10月13日と固定して「豆の日」を告知されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 9月 11日

豆行事や催しなど

2019年 9月
« 8月   10月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー