豆は「しあわせ」のタネである

豆と麺のコラボ料理 試作会

本当に「おいしい」を選んでもらうために

大阪の某会社さんが出店されるイベントに向け、私も豆を使った麺料理の提案をさせていただいています。先日、その会社のホープ・Nさんが豆ラボへ。夕方から共に試作をしました。

初回提案は、私ひとりで考案したレシピ3案を写真に撮って説明付きでお送りし、O社長とNさんにチョイスしていただきました。

 

決定前につき、具体的な写真やレシピ内容は書けないけど、お二人のチョイスは「ほぼ一般男性が選びそうな」麺料理でした。

「選んでいただいて、ありがとうございます」なのだけど、心の声は

「選ばれなかった他の二つは、ちゃんと意識して食べたことありませんよね? あぁ、食べ比べてして決めてほしい‥‥」

 

初めに、Nさん達が選んでくださった「蒸し大豆を使う麺料理」を共同試作し、2回作って麺やトッピング、スープを調整。方向性は、ほぼ見えてきました。

 

次に、選ばれもしないのに用意していた食材を活用し、2品目の試作。2品目は「枝豆を使う麺料理」です。私としては、これが「当たる」「受ける」と思っています。

あぁ、写真も載せたい‥‥

 

食べてくださったNさんも、「オス! これも、うまいっス!」

 

さて、これからどのようにNさん&O社長のチョイスが変化していくか‥‥ 自分も出向いて作り、食べてもらいたい‥‥ アポイントを入れてみようかな‥‥

 

ひよこ豆のフムスを食べていただきました

提案の2つめに出したのが、フムスアレンジの麺料理でした。ひよこ豆を使いました。

Nさんもご自身で「ひよこ豆のフムス」を作ってくださったとのことでした。今回は、豆ラボバージョン(参考:NHK あさイチレシピを調整)で作ってみました。すると‥‥

「自分が作ったのとは味がちがう気がします」とのこと。よくお聞きしてみると、原因は市販のひよこ豆水煮を使われたことにありそうです。

 

役割分担として麺とスープはNさん、豆を使うトッピングは私が担当します。

9月末のイベントに私の案も採用していただけるよう、あと二頑張り、三頑張りしてみます。

 

それにしても、ひよこ豆のフムス、おいしいですね〜。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー