豆は「しあわせ」のタネである

札幌より「豆のたまて箱」とどく

「親分」こと、辻本宜子さん

札幌からゆうパックが届きました。箱を開けると、

缶詰や豆粒が付いたクリップやゼリーなどが見えました。

お贈りくださったのは、辻本さん。私がまだ福岡に住んでいた頃からの「豆の先輩」です。当時、私たち(めぐりんさんや可奈さん、ほか)は、辻本さんのことを「親分」と呼んでいました。

親分は、ひよッ子どもに豆のあれこれを惜しみなく伝え、贈り、豆への興味関心を高めてくださる面倒見の良い方でした。私が「豆・豆料理探検家」になって、確かいちばん最初に探検に出かけたのが、北海道の十勝〜遠軽でした。その頃、辻本さんは遠軽に住んでおられたから‥‥

最初に中札内村のビーンズ邸に連れて行ってくださったのは、辻本さん。その足で、上士幌町の村上農場にも行きました。遠軽に行き、豆の写真家・伊藤美由紀や、べにや長谷川商店さんにもつないでくださって‥‥ 今に続く多くの豆のご縁を、私は辻本さんからいただきました。正に親分肌の「豆の先輩」です。

あれから、時は11〜12年くらい経つと思います。

 

豆の「たまて箱」

箱を開けて、中の御品を出し始めたら、なんとも豆っぽいのがズラリと‥‥!

太陽いっぱいのトマトゼリー、「お豆たっぷり国産五目ごはん」の缶詰、岩見沢産ひよこ豆 甘納豆、ブランデー仕込 白豆グラッセ、ウイスキー仕込 黒豆グラッセ

大正金時と鶏肉のキーマカレー、自然栽培 小豆、北海道十勝産 大正金時、2beans 豆が付いたクリップ

ホント、よくこんなに豆っぽいものが‥‥ 親分でなければ揃わない品々が盛りだくさん!

 

来年は何か豆の事が‥‥

添えられた手紙に「2月10日、国際マメの日に決定おめでとうございます。来年は何か豆の事ができると良いですね」と書かれていました。

「国際マメの日」制定にあたり、私は何もしていなくて、制定される前から広めようと騒いでいるだけなのです。「おめでとうございます」は、雑穀輸入協議会の皆さま方にお伝えするのがベストだと思います。

「来年は何か豆の事が‥‥」そうですね。2月3日と14日に挟まれた「2月10日 国際マメの日」は、相当がんばらないと覚えてもらえないと思います。私みたいな末端にいるただの豆好きも、何かのお役に立てるよう動きます。

 

【余談】のこたべ×白楊舎さんの「お豆たっぷり国産五目ごはんの素」は、雑穀アドバイザー 辻本宜子さんと子どもごはん研究家 能戸英里さん監修によるもの。10年以上続くロングセラー商品です。

「毎月1日と15日は、赤飯の日」を言い始めたのも、辻本さんとのやり取りからでした。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2019年 7月
« 6月   8月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー