豆は「しあわせ」のタネである

三日月屋のクロワッサン

出張帰りに

博多駅で新幹線に乗る前に、つい寄ってしまうのが「三日月屋」。福岡県を中心に7、8軒を展開するクロワッサンのお店です。

そうねぇ、福岡在住の頃、警固か赤坂に住んでいた頃だったと思うのですが、三日月屋の最初の店(今にして思うと創業店)が、警固か薬院かその辺りにオープンしました。好きだったなぁ。何度も買いに行きました。

その記憶があるから、つい。

だいたいいつも買うのは2つ。食べるのは新幹線の中ではなく、翌あさ用。なんとなく仲間を連れて帰る感覚でしょうか。

 

三日月屋のクロワッサンは、種類が豊富。

だけど、選ぶのはたいてい決まっています。

シナモン・紅茶・きなこからチョイスすることが多いかなぁ‥‥

三日月屋のホームページに商品一覧が掲載されています。コチラ

 

ヨモギとシナモンを買いました

今回は「豆なブログ」に載せようと、意識的にあずきが入ったヨモギのクロワッサンを選びました。

注意書き通り、袋から出してトースターで2分加熱、常温で2〜3分冷まして味わいました。

そこまでパリパリ感は戻りませんが、おいしく食べようと少しだけ手間をかけた満足感が加わります。

食感は、しっとりな感じです。バターの良い風味がただよってきます。よもぎの香りに包まれて、あんこは上品な甘さです。

よもぎ‥‥国産なのですね。生地に練り込まれています。

あんこ‥‥自家製なのですね。北海道十勝産の「雅小豆」を使われているそうです。

雅あずきは甘みが上品で強い風味が特徴的です。それを損なわない為に、付きっきりで2時間程度煮込み続け、仕上げ調整を行い手間ひまかけています

とホームページに紹介されていました。

1個では足りませんね〜。続けてシナモンもいただきました。

 

よもぎのクロワッサン 226円、あずきのクロワッサンも226円です。

手づくりのあんこを手づくりの生地で巻いて焼き上げる天然酵母のクロワッサン、三日月屋のクロワッサンは私にとってふるさとの味。

博多駅エリアにカフェもあるみたいで、機会を見つけて行ってみよう(^^)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 9月
« 8月   10月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー