豆は「しあわせ」のタネである

本家 鳴海の栗赤飯

堀川下立売交差点カド

9月下旬、「もうそろそろ、出てる頃かな?」と思い、堀川通に出てみると‥‥

ほら、昨年もあった栗赤飯の看板が出ています。「行かなきゃ(^^)」「買わなきゃ(^^)」です。

img_20160925_133319 img_20160925_132838

京都・赤飯の老舗「鳴海餅本店さん。大丸や髙島屋にも出店されていますが、やはり私は本店へ。栗赤飯は一人分から折詰めの大きいものまであり、本日は一人用のパック詰めをお願いしました。一緒に和菓子も‥‥

 

鳴海の栗赤飯

img_20160925_151336

いちばん小さいパックは1人分200g入って 400円(税別)でした。1粒栗が2つと栗のかけらが合わせて1粒分くらい入っていました。うっすら小豆色。丹波大納言と佐賀の餅米ヒヨクモチが使われている、と前に読んだことがあります。おそらく今も‥‥ ごま塩は、白ごまでした。

お赤飯って、やっぱりおいしいです。ふっくら、モチモチ。やさしい味わい。大納言もデンプン質のほくほくが1粒の中にたっぷり。餅米は小豆の渋にくぐらせるとき、塩少々も入っているように感じます。わからないくらいの塩加減も、お赤飯をおいしくするコツですね〜。

秋の味覚は季節のめぐりと共に、永永と続くおだやかな日々の有り難さを教えてくれます。こうして何年先までも、秋の栗赤飯がいただけることを願います。

 

鳴海餅本店の和菓子

img_20160925_153020 img_20160925_152912

芋あんどらやき(180円+税) 白餡とサツマイモの練り餡に黒ゴマの粒ツブが良いアクセント。

きなこのおはぎ(ひとつ140円+税) 大豆きな粉と小豆の粒あん、きなこおはぎは豆のダブル使いですね〜☆ 砂糖の混じらない純粋なきな粉を使っておられる? 粒あんのおいしさを強調する組合わせなのですね(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー