豆は「しあわせ」のタネである

FM805たんばと、なた豆茶

たんばコミュニティエフエム「和尚と弁護士のなやみごと相談」

スマホにアプリをダウンロードする‥‥いつもは誰かに頼んでやってもらうのだけど、珍しく自分で調べてダウンロードしました。インターネットラジオを聴く無料アプリがあるんですね〜。

FM805を聴きたい方は、こちらからダウンロードできます。

 

毎週金曜日 20:30〜21:00にオンエアされている「和尚と弁護士のなやみごと相談」という番組の収録現場へ、取材に伺いました。和尚さんは荒木さん、弁護士先生は金子さん、お二人のかけ合いが何とも良い感じです。

その原稿は少し先、11月終わりか12月初め頃に、皆さまにご覧いただける予定です。(^^)

 

 

「なた豆茶」と「バジル茶」をいただきました。

取材を終えて帰ろうとしたとき、和尚さまがお土産を持たせてくださいました。初対面でしたから、「豆のお茶」が登場したのは偶然です。

「ありがとうございます、和尚さま!」

 

ちょうだいしたティーバックのなた豆茶は、丹波小林屋さんの商品です。

なた豆茶は、以前に何度か口にしたことがあります。豆なブログの詳しいほうのプロフィールに載っている探検風景写真も、実は「なた豆」をさわっているシーンです。

なた豆って、大きいんですよ。莢の中には立派な豆粒が入っています。薄いピンク色と白い豆があります。

「なた豆は口臭予防に良い」と以前何かで読んで、なた豆茶なた豆歯みがきを買ったことがありました。お寺の和尚さんから、なた豆茶をちょうだいするとは‥‥(^^)

なた豆は「ジャックと豆の木」のモデルになった豆でもあるそうな‥‥ 成長が早くて、蔓は6mにも育つそうです。

奈良の「和カフェ モリカ」さんでも、なた豆を栽培されているのを見たことがありますが、さすがに6mまでは‥‥ 背丈は2mくらいだったでしょうか。6mにそびえる「なた豆の木」を見てみたい‥‥

 

と書いている間に、なた豆茶が入りました。和尚さま、いただきます。

 

薬草茶っぽさはなく、マイルドで飲みやすいお茶ですね。「ノンカフェインなので、おやすみ前でも安心してお飲みいただけます」と書かれています。和尚さま、ありがとうございます。

 

それにしても、もう一つの「バジル茶」が気になります。どんなお味なのか、楽しみです〜(^^)

 

 

<9/20 追記>

あのあと、なた豆茶とバジル茶を何度もいただいています。

バジル茶は、玄米配合のせいか、バジルそのものより玄米のようなお味がします。少しメントールのような、すっと爽やかな飲み心地も感じます。おいしいですよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー