豆は「しあわせ」のタネである

モチモチしないお赤飯?

新たな課題を、ありがとう

今月最終日曜日に予定している赤飯教室で、参加者のご家族が「赤飯やお餅など、モチモチするのが苦手なんです」とのこと。そうですよね。私もよくわかります。家族が嫌う料理は作りにくいし、嫌いな食材は使いにくいもの。ましてや二人家族、赤ちゃんが生まれて三人家族とすると‥‥ やはり、赤ちゃん以外の家族の嗜好を尊重しないと‥‥

よって、一般的なお赤飯に加え、モチモチしないお赤飯を伝授することに(^^)

 

今直ぐ思いつくのは、「5月15日 赤飯の日」のFacebookに載せていた「玄米ごはん+小豆」の赤飯バリエーションです。

しかし、それでは、ご飯がうっすらピンク色の赤飯っぽい雰囲気が出ないので‥‥ 別バージョンをせねば、‥‥と考案中。

 

紅しぼりのお赤飯

試しにやってみたのが、これです。小豆の代わりに紅しぼりを使いました。

 

モチモチ感をやわらげるには‥‥?

 

最近使っている 朽木まるきゅうさんの「滋賀羽二重 もち米」、しっかりモチモチ感のある良質のお米です。さすが、おいしいです。

しかし、モチモチ感の希薄なお赤飯には、もう一工夫、何かが必要なようです。。。

 

M夫人に、おいしいと感じていただけるお赤飯は?

まだ日があるので、いろいろ試作してみます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー