豆は「しあわせ」のタネである

「おぼろとうふ、始めました」

入山とうふ の軒下に

毎日新聞「とうふ屋のある町は、いい町だ」の連載2回目に書かせていただいた入山豆腐店。あの油抜きいらずの「お揚げ」が忘れられなくて、また買いに行きました。

すると、軒下に「おぼろとうふ、始めました」の貼り紙。これは、私への案内文かしら? 買わないわけには、いきませんね。

京豆腐入山 京あげ」と「おぼろとうふ」、2つで430円をお支払いしました。

油小路沿い、ちょっと入ったところにありますが、メディアによく登場する「入山とうふ」さん。近くで聞けば、直ぐにわかると思います。

 

おぼろとうふ

入山とうふさんに伺った4回目か5回目頃に、「おぼろとうふ白とうふ、どう違うんですか?」と素朴な質問をしたことがあります。ご主人は、作り方手順の写真をパラパラ漫画のように見せながら、白とうふとの作り方の違いを説明してくださいました。

おぼろげな記憶によると‥‥ 4月18日の豆なブログに記録が残っていました。

〜 とうふに水分が残って、ゆるゆるにかたまっているのが「おぼろとうふ」、圧をかけて水分を抜いているのが「白とうふ」〜 と書いています。どちらも、おくどさんで炊いた大豆が使われています。

やっと手に入った「おぼろとうふ」、最初は何もかけずに、そして白ごまをかけて、次に蕎麦しおをかけて、最後にお醤油で味わいました。

おいしいです。大豆のトロを食べてるみたい。

ゆるゆるのお豆腐。お箸で食べるよりスプーンですくって食べるほうが、より味わい深く感じます。

おとうふ、と言うより、甘くない大豆デザート。いえ、大豆特有の自然なあまみは伝わってきます。その味を舌に届けるためには‥‥、やっぱり塩が良いみたいです。

 

おぼろとうふ」、お店によっては「寄せ豆腐」という名前で売られているようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 10月
« 9月   11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー