豆は「しあわせ」のタネである

おいしい週末 vol.45 秋冬号ができました

ニュースレター「おいしい週末」

ニュースレター『おいしい週末』は、福岡県久留米市の「穀物屋 森光商店」が発行されています。

A4サイズ両面印刷の印刷物で2ヵ月に1回、奇数月はじめの発行。編集とレシピ検証、豆情報提供などで、私も制作に関わっています。

今回の号は、こんな感じです。

印刷が上がると、毎号私のところにもお送りいただき、配布に協力しています。豆好きな方、雑穀ファンの方、料理好きな皆さま、おいしくできるレシピが載っています。ご希望の方は、ご連絡ください。

 

プレゼント券付きです!

おいしい週末45号、特筆すべきはプレゼント券が付いたこと。表裏の角っこに付いています。

店の商品を800円以上購入すると、通常テイクアウトで販売されている御品がいただけるそう。あんぱん? 玄米おにぎり? フォカッチャ? なんでしょうね。今年の年末、12/30までに使ってください。

オモテ面のメインレシピ、玄米リゾットを、レシピ検証係で作ってみました。

鶏肉とカボチャ入りです。とてもマイルドな味わい。すいすい食べられるおいしさです。これからの季節、ご用心ください(笑)。

 

青えんどうと栗蒸し羊羹

45号の裏面、食材研究は「青えんどう」。

このコーナーは私の担当で、紹介原稿と豆の比較写真、料理写真などを提供しています。

▲ 青えんどうと言えば、ジャガイモとひき肉のしゃばしゃばカレー。

▲ うぐいす餡の要領でコンフィチュールも作りました。

▲ 栗蒸し羊羹は、自分で作ってみて「なんと材料費がかかる羊羹だろう!」と思いました。瓶詰めの栗を使うのですが、1瓶では足りません。汁なしで150gの栗を使って作る羊羹でした。

自分でも作れるからうれしくなります。それに、客人たちから「買ったの?」と言われて、更にうれしくなりました。そんなに難しくはありません。が、けっこうな量の羊羹ができます。

少しでもいいかなと思う私のような方は、穀物屋で12月まで販売するそうです。

 

穀物屋の仕事をしていなかったら、おそらく自分で羊羹や饅頭、パンを作ることは無いように思います。自分で作ってみるおかげで、その道のプロの仕事がよけいに貴重なものに思えます。

自分で食材費を払っていると、売価が高いとも思わなくなってきます。逆に、安すぎる食べ物をみると、「これ大丈夫だろうか?」と不安になることも‥‥

ま、それにしても、料理はおいしくできた時ほど、誰かに食べてほしくなるものですね。

あなたの大切な方のために、「ニュースレター おいしい週末」をご活用いただけたら、うれしく思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2019年 11月
« 10月   12月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー