キッチンおとなり/東京・豪徳寺

絶好の「豆・豆料理探検」びより

img_20161208_08163612月某日、

泊まったホテルの窓から富士山が清々しく遠くに見え、「今日はきっといいことがある」と予感させてくれました。

その日の探検先は、豪徳寺、代々木上原、表参道。

かつて表参道の会社で働いた経験は地理オンチの私に、今となってはもう何の役にもたちません。

探検家は行く先々で、道に迷ってばかりです。(汗)

世田谷区豪徳寺、初めて訪れるその土地は‥‥ 豆ともだちのMさんおススメの店を覗いてみたくて訪れました。

キッチンおとなり

img_20161212_181411

何が素晴らしいって、まずはネーミングのセンスがバツグンです。こんなに愛情が伝わってくる店名、素晴らしいと思います。

相手を大切に思うとき、よく人は、会社名や店の名前に「さん」と付けて呼びますよね。

この店は最初から、みんなの「おとなりさん」になることを想定して、店名を思い描かれているように感じます。

ほら、あなたの住んでいる家や部屋も、誰かの「おとなりさん」でしょう。「おとなりさん」と呼ばれるとき、そこにはもう、信頼関係が宿っていると思うのです。

このお店がもし違う名前だったら、私は豪徳寺という初めての土地を訪問しなかったかもしれません。「おとなり」さんの店主さんにお会いしたかったのです。

「おとなり」さんは、午前11時の開店です。その少し前に着いて、私はお向かいの時計屋さんで、豆ともMさんが来るのを待ちました。まだシャッターが降りていたから、残念だけどお店の外観は撮り損ねました。

*12/18 追記 友人Mさんが、おとなりさんの写真を撮って送ってくれました。お店の入口は、こんな感じです(^^)

161217_1318~01

「おとなり」さんのご馳走さん

img_20161208_110542 img_20161208_110552

「おとなり」さんに入るとまず、おいしそうなお惣菜が並ぶショーケースが迎えてくれます。そして、店の奥にイート・イン スペースも。間口の広さから想像する何倍も広いお店です。

私とMさんは、カウンター席でお昼のお得なセットをいただきました。Mさんはけっこう常連さんです。私はチリコンカン、さつまいもと豆のサラダ干し豆腐大豆ハンバーグ和風煮込みをチョイス。Mさんもそれ以外を、できるだけカブラナイようチョイスしてくれました。

おかげで、ひじきと大豆のサラダ、切り干し大根と大豆のはりはり漬、にんじんのマリネもいただきました。(^^)

img_20161208_111127 img_20161208_111136

それに、白ごはんとみそ汁のセットで、確か750円だったかな?? コーヒーは+100円

img_20161208_111757

・おみそ汁には、生姜の風味が効いていました。「温まるように‥‥」と「おとなり」のOさまが言われていたのを記憶しています。

・その日の「おとなり」さんの料理には大豆、黒大豆、レッドキドニーが使われていました。

・干し豆腐なる麺のような豆腐を初めていただきました。パクチーと和えて、中華惣菜だそうです。

・さつまいもと豆のサラダは、ディルの味がさわやかでした。手づくりの料理に加える香草使いが、お店の料理っぽくてプロだなと思いました。

Mさんいわく「もう、みんな外食(コンビニ弁当など)に飽きちゃって、人がちゃんと作ったあったかいものが食べたいんだと思う」と。

「おとなり」さんは、やさしいゴハンが食べられるお店。お惣菜やお弁当を買って帰るお客さまが、何人も来られていました。商店街の繁盛店です。(^^)

店主のOさま、どうぞお身体を大切に。地域に愛されるおいしくてやさしい料理を作り続けてください。また、寄らせていただきます。 のどか

キッチンおとなり facebook

東京都世田谷区豪徳寺1-46-19  平日 11:00〜22:00、土曜 11:00〜19:00、日曜定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です