豆は「しあわせ」のタネである

おいしいお雑煮祭り♡あん餅雑煮

1月2日、京都市北区の北大路VIVREで開催された「おいしいお雑煮祭り」に行って来ました。12月の終わり頃から、楽しみにしていた催しです。

img_20170102_121637 img_20170102_121646

 

香川県風「あん餅雑煮」

「豆なブログ」的にもっとも関心を持ったのは「あん餅雑煮」です。img_20170102_121654 img_20170102_121658

このような説明書きに「え?」「やるぅ〜!」と、楽しみにしていました。おかげで開催日を元旦とフライングし、整理券受付20分前に並んで煙たがられ‥‥ VIVRE内で時間をつぶして再訪すると‥‥ たくさんの人たちが、とても楽しそうにニコニコと並んでいました。

img_20170102_121001 img_20170102_120112

お買上げレシートと引換えに、5つの雑煮から自分好みの雑煮の整理券が渡されます。「いくら以上お買上げの方に」という縛りはありません。1人にレシート1枚、なんとも公平な振舞いです。

img_20170102_120429 img_20170102_120514

これが、楽しみにしていた「あん餅雑煮」です。手にすると、ふわ〜んとカツオの風味。白みそに見えるのは、焼き色のついたあん餅と、瀬戸内海をイメージする鳴門。青のりも美味しそうです。

最初におつゆを口にし、白みそのとろんとした甘さを口に含み、大根や金時ニンジンが入っているのもチェックして、さっそくお餅にカブリつき‥‥ 粒あんです! 初めて口にした「あん餅雑煮」は、とてもうれしいお味でした。

北大路VIVREさん、ありがとうございます。(^^)

 

岩手のイクラ雑煮&

家族が私のために2回並んでくれて、おかげで「あん餅雑煮」と同じくらい食べたかった岩手県風「鶏ささみとイクラの雑煮」もいただくことができました。もう一つは、京風の白みそ雑煮です。

img_20170102_121819 img_20170102_122541

ね、岩手のイクラ雑煮、おいしそうでしょう(^^) はい。おいしかったです。

カツオ出汁、ゴボウ、鶏からも出汁が出て、すまし雑煮もなかなかです。何より、私の好物イクラがのっていたのがナイス!

img_20170102_120325

こんなふうに、みんながハッピーになる催しって素晴らしいなと思います。

自分が何かを企画するときも、北大路VIVREの「おいしいお雑煮祭り」を思い出して、多くの人をしあわせな気持ちにすることを考えようと思いました。

実際に口にすることはなかったけど、きっと、東京風や北海道風も格別だったことでしょう。5つの雑煮を各100杯ずつ、計500杯、おそらく元旦も休まず準備をされたことと思います。

「おいしいお雑煮祭り」を開催してくださった皆さま、ご馳走さまでした。ありがとうございました。(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー