menu

豆は「しあわせ」のタネである

愛妻弁当〜豆バージョン

愛妻弁当とは 「愛する妻が、夫のために作る弁当」だそうです。 ちなみに愛妻家は、はばかりもなく妻への愛情を露呈させる夫のこと。それって、みんなにからかわれるやろう‥‥ 愛妻家になる男性の特徴として、 1.思いやりがある 2.仕事に対して真面目である 3.謙虚である 4…

記事を読む

太宰府の「cafe 観 kanon 音」さんへ

「福岡」「豆」で検索したら‥‥ 帰郷のタイミングで「豆料理」に力を入れておられる店に行きたいなと検索してみたら、ヒットしたのが太宰府の「カフェ kanon」さん。ずいぶん前に見つけて、お盆やお正月はタイミングが合わず、この度ようやく伺うことができました。 西鉄電車の特急が止まる二日市駅で乗り…

記事を読む

護王神社の福豆と辻口さんの納豆チョコ

2月帰省より戻り中の“のぞみ”に乗ってます。月に1回父に会いに帰ると決めて3ヶ月目、今月も両親と週末を過ごすことができました。 護王神社で授かった福豆と福餅は、朝ごはんになりました。 新婦人しんぶんに掲載していただいた“節分豆で炊き込みごはん”、記念の新聞とともに両親に。母が神棚と仏壇にも、…

記事を読む

新聞掲載のお知らせ〜「国際マメ年」と豆料理レシピ

新婦人しんぶん 2月4日号 本日発行の「新婦人しんぶん」6面に 豆・まめ・マメ「2016 国際マメ年」の見出しで、原稿を載せていただきました。 新婦人しんぶんは、1962年に創立された「新日本婦人の会」さんが、週刊発行されている新聞です。全国22万人の読者が読んでおられ、1…

記事を読む

国際マメ年ポスターと豆まき、恵方巻き

2016 国際マメ年ポスター 2月3日節分、季を分ける新しい始まりの1日。様々なことが今日1日にして動き出したように感じます。 朝2便は、FAO 駐日連絡事務所さんからの荷物でした。ご相談した印刷物と、ご配慮をいただいたポスターが本日届きました! FAOで作成された「2016 国際マメ年…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 5月
« 4月   6月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー