menu

豆は「しあわせ」のタネである

【梅田】豆の日イベント2019 に参加しました

知る・見る・味わう 和菓子を愉しむ会 関西の豆の日イベントは、昨年に引き続き「豆×和菓子」のイベントでした。往復ハガキを出した900名の応募者の中から抽選で200名が当選。私も当選し、参加券を獲得しました。クジ運強いです。 阪急うめだ本店の9階のホール入口に、開場時刻には既に行列ができていました…

記事を読む

大極殿本舗 栖園10月の琥珀流し

10月のうちに、栖園 高倉店の琥珀流し 9月から毎月行こうと思った大丸近くの栖園。気になりながら、月末になりました。 今月、六角の栖園は「栗と小豆の蜜」ですよね。 小豆汁粉に寒天が泳ぎ、小豆と栗がトッピングされている、というのを数年前に食べたことがありまして‥‥ 高倉店は何だろう? と思…

記事を読む

【丹波篠山】川北 黒大豆の枝豆を堪能する

うれしい、うれしい贈りもの 10月中旬、丹波篠山のYちゃんから「川北黒大豆枝豆の販売が始まったようです。よろしければ、お送りします」と、ご連絡をいただきました。私のリクエストは「中旬の川北黒枝豆が食べたい!」 それに応えて、いい感じの状態のものを贈ってくださいました。 箱の中には、緑色の鮮…

記事を読む

第5回 時をかける「あん」阪急うめだ本店へ

もう、第5回ですか! 和歌山からの帰り、阪急うめだ本店で開催中の催し、時をかける「あん」をのぞいて来ました。 会場に着いたのは午後3時過ぎ、前回は開店と同時に押しかけたので雰囲気が違いました。動けないほどの混雑はなく、心地よく混み合っている印象で、代わりに「完売」札をいくつも目にしました。 …

記事を読む

奥丹 清水で、ゆどうふを囲む

10月某日、清水へ 毎日新聞の取材でお世話になった「総本家 ゆどうふ 奥丹 清水」へ、友人たちを誘って行きました。八坂の塔を通り過ぎ、清水寺への道中に奥丹 清水はあります。 1ヵ月もしないうちに2回目の訪問、前回は取材でガチガチに仕事モードでしたから、気心知れた知人たちと訪れる今回はやっと「…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 11月
« 10月   12月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー