menu

豆は「しあわせ」のタネである

長岡赤飯の江口だんご本店へ〈1〉

長岡赤飯とは 小豆やささげの代わりに金時豆が入り、醤油で色と味付けをしたお赤飯。長岡市および、新潟県の一部地域で作られる郷土料理です。 私が長岡赤飯を知ったのは、おそらく2012年春頃のこと。赤飯運動実行委員会の事務局をしていた頃に、皆さんへの「赤飯の日」予告メールに「実物を食べたい」などと書い…

記事を読む

JA越後ながおか/えだまめ選別を見学に

3日間の長岡出張から、蒸し暑い京都へ戻りました。京都駅で地下鉄に乗り換えたら、ゆかた姿の女性だらけ。あぁ、今日って宵山。すっかり意識は飛んでたけど、あすは山鉾巡行と神輿渡御です。この3日間で、私は浦島太郎な感覚に‥‥。 長岡で過ごした時間は、本当に充実した良い時間でした。 今日もまた、うれしい出…

記事を読む

世界えだまめ早食い選手権、第3回も大盛況!

「えだまめの早食い」体験取材 7月15日、新潟県長岡市で開催された「世界えだまめ早食い選手権」は、来場者1万人を超す盛大な えだまめイベントでした。 毎年 秋に開催されている「丹波篠山味まつり(黒豆枝豆の催し)」が町全体をあげてのお祭りとすると、こちらは、長岡市の農業関係者や枝豆関係者が「アオー…

記事を読む

毎日新聞連載〈4〉錦市場の近喜商店

とうふ屋のある町は、いい町だ <コンチキチン!> 毎日新聞・関西版の夕刊に、月に1回、とうふ屋さんを紹介する連載を書いています。 すっかり祇園祭一色の京都。新聞の夕刊が世に出る頃、私は「とうふ屋のある京都」には居りませんで‥‥ 関西エリアにお住まいの皆さま、本日の毎日新聞 夕刊をご覧くださいね…

記事を読む

食育・料理研究家の坂本廣子先生を追悼し

キッズキッチンのインストラクター養成講座で、鯵をさばく試験 昨夜、キッズキッチン協会よりメールをいただきました。坂本廣子先生の訃報を伝えるメールでした。 6月28日に肺血栓症で永眠されたとのこと。なぜ、昨夜まで知らなかったのか‥‥ ご無礼を感じました。今にして思うと、お亡くなりになられた6月28…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 8月
« 7月   9月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー