menu

豆は「しあわせ」のタネである

小庭のえだまめ、早くも着果!

えだまめの水やり中に‥‥ 夕方、陽が落ちて小庭の植物に水やりをしています。4月末に植えた枝豆は、こんな感じです。 左が茶豆、右がみどり色のえだまめ。なにも気にせず水をやっているときは、こんな感じに見えます。 ところが‥‥ ここ1週間くらいの間に、驚くことに気がつきました。ま〜だ、ひょ…

記事を読む

トップ オブ キョウトで豆を味わう

唐紙のある回転展望レストランへ 札幌より、大切なお客さま有り。豆がご縁で親しくしていただいているご夫妻と、お昼をご一緒するのに選んだのは、リーガロイヤルホテルの最上階にある回転するレストラン。外を眺めれば京都市内が一望でき、1時間半で1周します。回転の軸となる内側には、唐紙師 トトアキヒコさんの唐…

記事を読む

あらためまして、豆苗!

「カンブリア宮殿」の影響で 少し前のテレビ番組「カンブリア宮殿」に、豆苗の会社・村上農園の村上社長が登場されました。リアルも録画も視て「豆苗愛」に感化され、あれから豆苗を買っています。 豆苗は工場(農園というより野菜工場に見えました)で栽培するから、100円前後の安定した価格を維持できるのだそう…

記事を読む

「京とうふ 並河商店」で教わったこと

とうふ屋の店先で 初めてのお店に行くと、つい、お店の方に話しかけます。「このお店の看板商品は何ですか?」「コレとこれは、どう違いますか?」「いまの時期、人気なのはどれですか?」といった具合に、ショーケースを見ながら、気がついたら質問しています。 それに答えてくださるとうふ屋さんの表情で、どんなお…

記事を読む

江口だんごの絶品「大正餅笹だんご」

長岡赤飯の名店より 昨年、新潟県長岡市で開催された「世界えだまめ早食い選手権」に出場した翌日、どうしても食べたかった蒸かしたての長岡赤飯を求めて、江口だんご本店を訪ねました。 その時からのご縁で、長岡赤飯と笹だんごのセットを贈りものにしたり、自分用に取寄せしたりしています。 季節ごとに届くDM…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 6月
« 5月   7月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー