menu

豆は「しあわせ」のタネである

なっ!とくしまの「徳島県産えだまめ」

食べたことないのは、とりあえず全部たべてみよう 京都の八百一本館で買いました。こちらは、徳島県産のえだまめです。徳島が四国のどこにあるか、地図で表示されているのが親切でいいですね。 ほかに京都産の枝つき枝豆と群馬のえだまめも売られていました。 この枝豆は風袋215g入りで税込298円でした。 …

記事を読む

三日月屋のクロワッサン

出張帰りに 博多駅で新幹線に乗る前に、つい寄ってしまうのが「三日月屋」。福岡県を中心に7、8軒を展開するクロワッサンのお店です。 そうねぇ、福岡在住の頃、警固か赤坂に住んでいた頃だったと思うのですが、三日月屋の最初の店(今にして思うと創業店)が、警固か薬院かその辺りにオープンしました。好きだった…

記事を読む

プレミアムフライデーは、どこ行った??

「百練」に行きました 曹洞宗のフリーペーパー「凛」の新しい号ができました。凛靴(りんか)さん、大賀花、賀花と設置協力店さんを廻って百練へ。 百練のカウンターは、私の京都暮らしをスタート時より見守ってくれています。 今日もそのカウンターで、いいことがありました。 私は「百練」で…

記事を読む

7月15日・長岡 枝まめの催し《当選》しました!

当選お礼申し上げます 7月15日、新潟県長岡市で開催される「世界えだまめ早食い選手権」個人の部、出場権が当たりました! 競争倍率は行ってみないとわかりませんが、主催者さんのニュアンスでは、第3回の今年は更に倍率が上がっていそうな印象です。 おそらく「豆の神さま」が、私を当選にお導きくださったのだ…

記事を読む

豆類時報に vol.91 に「ビーンズ邸」の原稿が載りました

日本豆類協会「豆類時報」は3ヶ月に1度発行されています 今年の1月末に取材に行った北海道中札内村「ビーンズ邸」について書いた原稿が、豆類時報 vol.91に掲載されました。 原稿は、こちらからダウンロードして読むことができます。   取材に伺った日、帯広や中札内村は雪景色でした。 今頃…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 7月
« 6月   8月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー