menu

豆は「しあわせ」のタネである

2月1日「赤飯の日」、蒸して作るお赤飯を習う

毎月1日の赤飯講習会 赤飯運動実行委員会 委員長の辻本宜子さんは、毎月1日に札幌市で「お赤飯講習会」を開催されています。辻本さんの講習会は、蒸して作るお赤飯です。 辻本さんと私は、かつて二人で赤飯運動実行委員会を立ち上げた仲。辻本さんに委員長をお願いし、私は事務局を担当していました。辻本さんは今…

記事を読む

節分豆を使ったスイーツ試作中です

昨年に引き続き 今年もまた、京都御所西にある「護王神社」さんで豆撒き人をさせていただきます。昨年知り合ったお仲間とのうれしい再会が楽しみです。 節分当日に、神社に設置させていただく「豆なレシピ」を考案中です。 節分豆を使って、お家にあるような材料で、手軽に気軽に作っていただけるレシピをテーマに…

記事を読む

一休善哉の日「善きかな」の善哉をいただく

1月最終日曜日は「一休善哉の日」 昨夏に伺った京田辺市の「酬恩庵 一休寺」、一休さんのお寺で開催される「一休善哉の日」の催しに行ってきました。 「絵馬の祈祷奉納」「善哉をいただく」、立て札にあった説明は前回読んだはずでした。行って体験してみて、その意味がわかりました。 立て札の結びに「あ…

記事を読む

大福豆と牡蠣の酒粕シチュー

豆ラボ・冬の定番 Rの月、牡蠣がおいしい月に作る定番シチューといえば「白いんげんと牡蠣の白いシチュー」、誰かが来てくださるとき、よく作っています。 白いんげんの中で白花豆、大福豆、白金時や手亡豆などが向いています。 ほかに牡蠣、玉ネギ、カリフラワー、蕪なども使います。 (レシピは、こちら…

記事を読む

京都リンデンバウムのチョコレートクッキー

仙台の名店が京都へ かつて、仙台でお菓子屋さんを営んでおられた京都好きなご夫妻が、ついに京都に引っ越して、昨年3月に店をオープンされたそうです。 京都・海老屋町、御幸町通三条下る、道路から少し引っ込んだところにありました。白く瀟洒な外観、扉の奥には、満面の笑顔の奥さまとご主人の姿が見えました…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 2月
« 1月   3月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー