menu

豆は「しあわせ」のタネである

おいしい週末 vol.41 早春の号ができました

福岡県久留米市「穀物屋 森光商店」発行のニュースレター ニュースレター『おいしい週末』は、A4サイズ両面印刷の印刷物です。2ヵ月に1回、奇数月はじめに発行されています。編集とレシピ検証、豆情報提供などで、私も制作に関わっています。 印刷が上がると毎号、私のところにもお送りいただき、配布に協力して…

記事を読む

12月仕込 みその天地返しをしました

3ヵ月って早いです! 12月2日のみそ仕込会から早3ヵ月。ご一緒した方々に「天地返し」の連絡をしました。 「天地返し」とは、仕込んだ味噌の上下を逆さまにして数時間おき、中にたまった水分を取り除き、空気にふれさせることで発酵を促進させることと、発酵するときに中にたまったガスを抜く意味があるそうです…

記事を読む

うさぎLOVEな お客さま

問い合わせメールが届く 先日、豆なブログのお問い合わせ欄から、仕事依頼の予告メールをいただきました。「豆のことであれば」と前置きして、お会いすることに‥‥ およそ2時間、豆の話だの、豆腐や湯葉、豆乳の話などに加え、うさぎの話を聞きました。 うさぎ好きなその人は、ミッフィの話やピーターラビットの…

記事を読む

札幌より「豆のたまて箱」とどく

「親分」こと、辻本宜子さん 札幌からゆうパックが届きました。箱を開けると、 缶詰や豆粒が付いたクリップやゼリーなどが見えました。 お贈りくださったのは、辻本さん。私がまだ福岡に住んでいた頃からの「豆の先輩」です。当時、私たち(めぐりんさんや可奈さん、ほか)は、辻本さんのことを「親分」と呼ん…

記事を読む

父の命日に「黒飯」

3年たちました 2月27日、今日は父の命日です。本当は実家に手を合わせに帰りたかったのですが、インフルエンザで消えた1週間を取り戻すべく、仕事をしています。 実家にお線香とお供えを送りました。 そして、今日は黒飯(こくはん)を作りました。 昨日のうちに水浸けしておけばよか…

記事を読む

豆行事や催しなど

2019年 4月
« 3月   5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー