menu

豆は「しあわせ」のタネである

天壇のモーニング「枝豆粥」

北山にも「天壇」ができました 京都市北区・北山駅の近く、北山通沿いに4月下旬、焼肉の「天壇」がオープンしました。京都に4軒、滋賀と東京にも店舗がある1965年創業のお店です。 数日前に店の前を通っていたら、偶然見つけたのが土日祝のモーニング。「焼き肉屋さんでモーニング?」と思いながら、通…

記事を読む

グリーンピースのディップと玄米ミルクバゲット

アルペンローゼのバゲットが食べたくて‥‥ 先週末うかがったアルペンローゼの奈良・神功本店でステキな出合いがありました。それは、坂本社長にいただいた「玄米ミルクバゲット」。無農薬有機栽培で作られた玄米を浸水させ、砕いてミルク状にして作るという独自製法で作られたバゲットです。    バケットによ…

記事を読む

錦市場のとうふ屋さん「近喜商店」

高倉屋ごひいきのとうふ屋さん お漬物の錦・高倉屋グループ店で何度も口にしたことがある「近喜」さんのおとうふ。あの波ナミのとうふが恋しくて、「近喜」さんのとうふを求めて錦市場へ。 (昨秋に「井上さんとこの とうふの近喜さん」と思って買いに行った木屋町の「近喜」さんは、どうやら別系列のお店のようです…

記事を読む

越前水羊かん

梅雨どきにいただく水羊かん どんよりと曇り空。いつもだったら、ただの梅雨なのに、いつも以上に重たい気分です。 地震発生から3日目、発生から1週間ほどは余震に用心するようにと言われる期間内です。ネット上にはテレビ報道以上に生々しいお声と、お見舞の言葉が掲載されています。自粛と忖度が、行動にブレーキ…

記事を読む

「伏見甘酒あんぱん」と「うぐいす豆フランス」

京都人はパンが好き 日本で常に1、2を争うパン消費府県・京都。新しいスタイルのお洒落で工夫を凝らしたパン屋さんが多い反面、老舗のパン屋さんも多いのです。そんな京都で長年、パン好きを育んできた二大パン屋さんと言えば、志津屋さんと進々堂さん。 志津屋さんは、地下鉄駅併設店舗と山ノ内本店に寄せていただ…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 8月
« 7月   9月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー