menu

豆は「しあわせ」のタネである

亀屋良永の「小豆せんべい」

およそ百円玉サイズのチビせんべい 出立時間が早い出張の前日、大丸 京都店に阿闍梨餅を買いに行くと、ショーケースの同じ並びに置かれているのが亀屋良永さんの土産菓子です。 本店は市役所のお向い、寺町通御池角にあります。創業は江戸時代、天保3年の老舗。 生まれた時からの京都人は、おそらく当たり前に知…

記事を読む

「豆かん」を作ろう!

「赤えんどう」を、たっぷり 写真は北海道産の赤えんどう。左が乾燥状態で、右が水にもどして茹でたもの。 「赤えんどう」と聞くと、何を思い浮かべますか? みつ豆に入っている豆、豆大福のお餅部分に埋まっている豆、‥‥それから? 赤えんどうは、粉にひいて「らくがん」に使われたり、煮込み料理に合わ…

記事を読む

毎日新聞連載〈5〉大徳寺 京豆腐 小川

とうふ屋のある町は、いい町だ 新聞連載の5回目は『大徳寺 京豆腐 小川』さん。夕刊が出る頃を見計らって、新聞を買いに行ってきました。 毎日新聞記事をダウンロードして読む 小川さんの豆腐 小川さんは家族経営で製造販売されています。四代目店主ご夫妻、そのご両親の4人でお豆腐屋…

記事を読む

長野県小谷村 徳武豆腐店の「田舎もめんとうふ」

徳武豆腐店のおとうふをいただきました 長野県北安曇郡小谷村、私にとって未踏の地。「おたりむら」と読むそうです。「緑と雪と温泉のふるさと 信州おたり」と村のホームページに載っています。スキー、サイクリング、トレッキングなどの案内も載っています。山と緑に囲まれたステキなところ、なのでしょう? お盆に…

記事を読む

御霊おこわ(黒飯)を作りました

1年に1度だけ作っています 毎年8月15日、お盆の「お精霊さん送り」の日に、終戦の日を思いながら作っています。 白いおこわに、黒い豆を混ぜる「豆ごはん」。 炊込みごはんにすると豆の色がごはんに移り、うす紫色〜うす赤色がかったご飯になってしまいます。黒飯(こくはん)は白と黒のご飯、豆の色が移らな…

記事を読む

豆行事や催しなど

2018年 10月
« 9月   11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー