豆は「しあわせ」のタネである

「ポルポ」12/1放送分のDVDをいただきました

テレビ朝日【関東】土曜深夜1:10〜 ポルポ

ポルポとは、イタリア語でタコのこと。夏目三久ちゃんとタコのポルポ、イカのアタリメが共演し、世の中の「当り前」を探求する番組が「ポルポ」です。

11/31(土)深夜25:10〜 放送されたポルポに出演させていただきました。

テーマは枝豆。枝豆の調理の仕方やアレンジレシピ3品を紹介し、「日本料理 ゆかり」の三代目 野永喜三夫さまにご賞味いただいて、改善の指南を受けました。

DVDを見ながら、収録時の楽しかったことが思い出されました。

今週末、12/7(土)深夜25:10〜 にも、ちょっとだけ出していただけるそうです。サバ特集に、枝豆のつづき。

残念ながら、関東しか映りません。

関東エリアにお住まいの方、よろしかったらご覧ください。

 

ポルポ 枝豆の回に学んだこと

私が出していただいたのは、後半の10分くらいですが、前半の枝豆情報が素晴らしかったです。

ポルポとアタリメちゃんが、枝豆の当り前を紐解いていきます。

Q.なんで居酒屋さんでは、ビールのおつまみに枝豆が当り前なの?

 ⇒ 枝豆は作り置きができ、注文が入ったらすぐに出すことができるから。冷凍保存しても栄養価が落ちないとか。

Q.枝豆は何粒入りが当り前なの?

 ⇒ 2粒、3粒、1粒、4粒以上 の順に多かったです。ADの藤原ちゃんが2時間かけて400サヤの枝豆を数えて確かめてくれました。

Q.枝豆はどうやって冷凍するの?

 ⇒ 北海道の農場で育つ枝豆の収穫風景が登場。1台7,000万円のハーベスターで収穫と同時に脱莢(だっきょう)し、ドラム洗浄機に運ばれます。ここまで収穫から2時間。

コンベアーで熱湯にくぐらせて塩茹でし、冷水で2、3分締めます。振動で水切りし、マイナス25℃で冷凍。ここまで2時間半! 冷凍枝豆を袋詰めして商品の出来上りです。

すごいなぁ、あの映像を撮った方は、北海道の枝豆収穫をナマでご覧になったのですね。いいなぁ〜。

 

ポルポで「蒸し枝豆」のおいしさが実証されました!

私がふだんから提唱しているフライパンに水を入れて蓋をして加熱するだけの「蒸し枝豆」が、茹でた枝豆よりも旨味、塩味、甘味において勝っていることが判明しました。

番組では、蒸し枝豆と茹で枝豆を検査機関に持ち込んで数値を比較してくださいました。

うれしい。これまで、ただ感覚だけで「この調理法がおいしいですよ」と言ってたことが、公的機関の検査で明らかになりました。

もう、これだけで、ポルポに出演した価値があったというもの。私を見つけてくださった番組スタッフの方、ありがとうございます。

斎藤ディレクター、AD岡野さん、AD藤原ちゃん、ありがとうございます。

夏目三久ちゃんの調理法との比較が、どのように編集されているか、今週末の放送も楽しみです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 1月
« 12月   2月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー