豆は「しあわせ」のタネである

ラタトゥイユに合う豆は?

ラタトゥイユとカポナータ

野菜のトマト煮込みをフランスではラタトゥイユ、イタリアではカポナータと呼ぶそうです。

発祥は南フランスのニースで、夏野菜を使って煮込むとか。

これまで私も、何回作ったかわかりません。今となってはレシピも見ずに、冷蔵庫にある野菜を見ながら、とってもアバウトに作っています。まるで、肉じゃがやカレーを作るときみたいに。(^^)

 

◎材料に使う野菜

トマトもしくはトマト水煮(必須)、玉ネギ(入れたい)、ズッキーニ(入れたい)、

茄子、ニンジン、ピーマン、パプリカなど

 

◎材料に使う野菜以外の食材

挽き肉、ベーコンなど。しかし、これらは入れなくても大丈夫です。

ボリューム感を出すために、ショートパスタを加えることもOK

 

◎調味料や香辛料

ニンニク(刻み、つぶし、粒、パウダーなど)、オリーブオイル、コンソメ、塩、黒コショウ、ハーブ類(ローリエ、バジル、オレガノ、ローズマリーなど)

 

合わせる豆は、何が良いですか?

はい。たいていの豆は、気にせず使って大丈夫です。

こちらは、青大豆の水煮を加えています。肌色大豆でも、黒大豆でも問題なく合わせてください。自分で水もどしして茹でる手間が引っかかるようであれば、ドライパックに入っている蒸し豆でも良いと思います。

 

こちらは、ヒヨコ豆を合わせています。冷たいのが伝わるようにガラス皿に盛りつけました。

ラタトゥイユは温かいうちに食べて美味しいし、夏場の暑いときは常温に冷ましたり、冷蔵庫で冷やしたりしてもおいしくいただけます。

 

大豆ヒヨコ豆以外に、手亡豆大福豆白金時など白いんげんの仲間や、白花豆でもOK。レッドキドニー金時豆を合わせることもあります。

野菜のトマト煮込み+、私は好きです。どうぞ、気軽にお試しください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー