豆は「しあわせ」のタネである

陶芸のうつわ、でき上がり〜☆

奈良・陶芸 八鳥さんにて

見野大介先生の工房で、昨年12月に作らせていただいた器3点。出来上がって送られてきました。

一緒に習った陶芸仲間さんに見せたくて、ここに載せておきます。Hさん、私の、こんな感じで〜す(^^)

さて、この器になにがのるか‥‥ 楽しみです。

 

いい器というのは(私の場合)、それを見たとき、作りたい料理がスルスルと浮かんでくる器です。

取皿のような大きさで、しかも少し深さがあって汁物も大丈夫。この子たちも、これから活躍してくれそうです(^^)

 

*以前の作陶体験はコチラです。

奈良『ハチドリ』さんで作陶体験② 2017年12月18日 掲載

ハチドリさんで作陶体験① 2017年2月20日 掲載

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2018年 11月
« 10月   12月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー