豆は「しあわせ」のタネである

サンフランシスコの2日目

オールド オークランド・ファーマーズマーケットへ

4月12日(金)。目覚まし時計のセットミスで、起きるはずの時間より45分も寝坊。朝8時集合になんとか間に合って、向かったのは金曜日だけ開催されているというファーマーズマーケット。

この日の予定はすべて、NさんとOさん任せ。言われるままに行動し、おかげでスペシャル体験ができました。

   

ファーマーズマーケットでは、朝穫りの野菜がたくさん売られていました。カラフルなフルーツも目を引きます。やさい豆は、スナップえんどう、細長いいんげん豆、モロッコいんげんなどを見かけました。

アメリカ人とアジア系の人が、売り手にも買い手にも半々くらいの印象でした。おいしいパンやジュース、コーヒーを買って、3人仲よく露天でモーニング。早起きは三文の得です。ここで、明日のための野菜も買いました。

 

サンフランシスコのチャイナタウン

サンフランシスコと聞くと、思い浮かぶのはミスドの所さん。「♪サ〜ンフランシスコのチャ〜イナタウンの飲茶」をやってみたくて、無理をお願いし、チャイナタウンを回遊していただきました。

テイクアウトの飲茶屋を探して歩き回り、見つけたお店では1種類を3個ずつ販売されていました。チャイナタウンの中国人女性店主、なかなかのヤリ手さんでした。

ニラまんじゅうと、揚げ飲茶を買って満足。おいしいけど、油濃かったです。

 

フェリービルディング・マーケット・プレイス

そして、一行は海辺へ。サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ(金門橋)が見えるエリアに向かいます。

マーケットで素敵な品々に遭遇。キッチン用品やスティックはちみつを入手。キュートな英語の絵本も見つけました。

 

BOUDINという有名なクラムチャウダーのお店で、ブレッドボウル&スープをご馳走になりました。

店内では、カゴに入ったバケットが宙を回転しています。あのパンはディスプレイか、はたまた焼き立てを冷まして売るのか‥‥気になりました。

 

サンフランシスコからL.A.に飛ぶ帰りの飛行機が、またもや遅れたときの用心で、ジャパンセンター隣の「Nijiya」へ。もち米、味噌などを買って空港に急ぎます。と言っても、私はクルマに乗せてもらって、うだうだ言っているだけ。急いでくださるのはいつも、レンタカーのハンドルを握るNさんです。

空港では缶詰のクラムチャウダーは手荷物にOUT、しかし、味噌はOKでした。良いことも、残念なことも、いろいろと勉強になります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2019年 10月
« 9月   11月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー