豆は「しあわせ」のタネである

佃煮「誠味屋本店」の福袋より

福袋の中身は・・・

福袋ってほとんど買うことはないのですが‥‥ どうしても気になる豆があって、年明けに買ってしまいました。届いたら、豆っぽいのがたっぷり! 袋ではなく、箱で届きました(^0^)

福袋商品に加え、大納言あずきのドライパックや煮豆など、気になる商品も一緒に送っていただき‥‥

金ごまいわし、海苔、松茸こんぶ、鮪の佃煮など、非常食にもなりそうなおかず類も入っていました。気になるのから、ちょっとずついただいてます。

 

このあたり、キケンです。

原稿書きながら、小腹が空いたとき開封すると‥‥ なくなっています。

蒸したあずきは「ほんのり上品な甘さ そのままおやつに」と書かれている言葉通りに‥‥ 130gの1袋って、けっこう軽々かも‥‥

ふだんのおやつに常備するのもアリかもしれませんね〜

 

白花豆の煮豆

こちらは、白花豆の煮豆です。

白花豆は粒が大きいから水にもどすのも時間がかかるし、下手に茹でると茹でムラがあったり煮くずれたりバラつきが出ます。だけど、佃煮屋さんの煮豆はどれも均一な食感で、甘さもしっかり入っています。神戸市の誠味さんの煮豆です。

昔むかし、まだ私が子どもだった頃に、近所のなんでも屋さんで売られていた金時豆の煮豆も、こんな味だったような‥‥ なつかしくて、うれしい気持ちになりました。(^^)

煮豆は、しっかり380g入っています。これを完食したら、福袋を買うキッカケになった本題の「茶花豆」をいただきます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー