豆は「しあわせ」のタネである

6月15日も「赤飯の日」

毎月1日と15日は「赤飯の日」

毎月1日と15日は、赤飯の日。あなたも誰かとどこかで、お赤飯を口にしませんか

かつて、赤飯運動実行委員会の事務局をしていた頃、私は毎月14日と月末日に委員会の皆さま宛にメルマガを書いて「明日は赤飯の日ですよ〜」とお知らせをお送りしていました。おかげで、赤飯の日をうっかりすることがなく、1日と15日にきっちりとお赤飯を作っていました。

おおよそ3年くらい続けたでしょうか。最後は100名くらいの方にメルマガ配信をしていました。会社勤めをするようになって、さすがにボランティアでやり続ける体力と気力を保てず‥‥ メルマガ配信は終了させていただきました。

 

現在も、思い出したら1日や15日に炊いています。うっかり過ぎてしまっても、誰かのお祝いごとや大切な日などにお赤飯を作っています。月初めと月ナカに作るお赤飯って、「時しらず」でもあり、ひと月を計る目安にもなるんですよね。(^^)

 

「てんこ小豆」のお赤飯

IMG_20160615_130046 IMG_20160615_130145

お昼に豆ラボの炊飯器で、かつていただいた「てんこ小豆」を使って作りました。

てんこ小豆を用いる秋田のお赤飯は、餅米10割で作ります。小豆の量を減らさないと、アントシアニンが濃そうなので、本日は通常の豆量の半分量(餅米2合に大さじ1)で作りました。ごはんの色的には上々かと‥‥。

炊飯器は「炊込み・おこわ」モードにしました。炊飯器によって設定が違うから、うっかりすると、とんちんかんな赤飯になってしまうのですよね。

炊き上がりは「おこわ」モードらしく、プリッとできました。

 

IMG_20160615_130343 IMG_20160615_160749

まずは神棚さまに。大きな節目を無事に迎えられたことに感謝の気持ちを捧げます。私のお昼ごはんは仕事の合間と思ったら、4時過ぎになってしまいました。元気に働けることをヨシとして、これからも励みます。

「てんこ小豆」は、ささげの仲間。皮がやぶけないところがお赤飯向きですね〜(^^)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー