豆は「しあわせ」のタネである

第6回 赤飯教室のごあんない

お父さんになるキミへ

ひょんなことから、今月末に奥さまの出産予定日を控えた男性と話になり、赤飯の作り方を伝授することになりました。ご一緒に赤飯のこと、勉強しませんか?

 

赤ちゃんが生まれて3日目に「三日祝」、7日目に「お七夜」、その後、お宮詣り、お食初め(おくいぞめ・生後100日目頃)、初誕生(1歳のお誕生日)、七五三といった具合に、赤飯の似合うシーンが続きます。

赤ちゃん誕生を前に、彼はお赤飯の作り方を覚えたいと言うのです。私がそれに応えないはずがありません。予定どおり今月末に生まれたら、お父さん作のお赤飯が赤ちゃんの初めてのお祝いに間に合うよう日にちを設定し、赤飯教室を開催することにしました。

もちろん、参加者全員にまんべんなく作り方を説明します。赤飯と合うおかずの類いも、カンタンにできるものを作ります。一緒に赤飯と自家製みそのみそ汁、豆っぽいおかずで昼ごはん。

ご興味のある方は、このブログの下のほうか、コメント欄からお申込みください。(^^)

 

第6回 赤飯教室 ごあんない

*炊飯器で手軽に作るお赤飯。約1時間半で完成します。

*今回は、もち米のモチモチ感が苦手という奥さまのために、赤飯のアレンジバージョンも作る予定です。

日 時  2017年5月28日(日) 11:00〜14:00頃まで

場 所  京都市中京区宗林町 豆ラボ 烏丸御池駅より徒歩8分、二条城前駅から約5分

*詳しい住所やアクセスは、申込みメルアドにご連絡致します。

参加費  3,000円(実習、赤飯を含む食事、復習用持ち帰りの材料代含む)

参加申込み、お問い合わせ等は下記よりどうぞ。

(記載内容はブログ画面には表示されません)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご住所 (必須)

電話番号 (必須)

自分で赤飯を作ったことがありますか?

参加しようと思ったキッカケは?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー