豆は「しあわせ」のタネである

五建の「赤飯まんじゅう」

IMG_20151122_141747

全力疾走で駆け続けたような1週間、月曜が祝日だったから、もう金曜の晩です。

先週末からJRの東福寺駅に縁があり、昨日まで延べ7回×2の14回利用しました。東福寺もまた紅葉スポットがたくさんありますから、3連休や土日に関わらず、平日でもけっこうな人混みです。

その東福寺駅を出て右に曲がり、少し行く道沿いに、観光地ならではの佇まいをした土産物屋さんがあります。ふふふ。ポケットの小銭でちょいと買いたくなる饅頭や団子、お餅などがエエ感じで売られています。

上の写真は「赤飯まんじゅう」。白い皮の中に赤飯が包まれ、上に栗の粒がのっています。

IMG_20151122_123949

店先に並ぶ ほふほふした感じの饅頭さん。和やかでしょう〜(^^)

「2つください」と言うと、おばちゃんが「温かいのあげましょうね」と蒸篭から ほふほふ を出してくださいます。「ありがとうございます。いただきます!」と言いつつ‥‥ 写真を撮りたくて持ち帰りました。きっと、買ってすぐを頬張るのが MORE おいしいでしょう(^^)

 

五建の赤飯まんじゅう ひとつ130円

やさしい甘さで ほっこり

 

2つ買ったひとつを オハヨービスケットのお姉さんに差し上げました。オハヨービスケットで買った大好きな「レモンサブレ」は、片山さんのおやつになりました。

赤飯まんじゅうとレモンサブレの共通点は、働き者を笑顔にすることだなぁ、と思います。

 

赤飯まんじゅうは、主食のような、おやつのような、小腹が空いたとき一つ、二つ、つまんでしまう饅頭です。(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー