豆は「しあわせ」のタネである

炊飯器で作るお赤飯 レシピ

毎月1日と15日は「赤飯の日」

赤飯の赤は邪気を祓い、良事を呼び込む‥‥昔から日本では、お目出度いことがあるとお祝いの席にお赤飯を並べました。いまも、お赤飯があると、ちょっとウレシイ気持ちになりませんか。

「おめでとう」「がんばってね」と言葉がなくても、お赤飯が気持ちを代弁してくれます。

自分で作るのは苦手な人は、買ってきたお赤飯でも大丈夫。デパ地下や和菓子屋さんなどでも、おいしいお赤飯を売っているところがいっぱいあります(^^)

 

毎月1日と15日に限らずいつでも、あなたと、あなたの大切な人たちのために、食卓にお赤飯を並べてください。自分で作ってみたいと思われる方のために、炊飯器で手軽に作るお赤飯の作り方を載せておきます。

あす15日も「赤飯の日」。

日曜日ですし、よろしかったらお試しください。

 

炊飯器を使って、1時間半で作るお赤飯レシピ

《材料 約4~5人分》

●小豆(大納言、ささげ)など…大さじ2

●うるち米…1/2合

●もち米…1と1/2合

●豆の煮汁…2合分弱 足りない時は水を加える

●塩…小さじ1/2 好みで加減

●ごま塩…適量

 

《作り方 約1.5時間》

1.うるち米ともち米を合わせて水洗いし、ザルにあげて30分以上おく。

2.小豆を丁寧に水洗いして鍋に入れ、沸騰したら茹でこぼし、渋切りをする。

3.2の鍋に水を加え、中弱火で20~30分ほど煮て、固茹で状態で火を止める。

4.豆の煮汁を使って水加減する。ザルにあげておいた米を炊飯器のお釜に入れ、煮汁を2合の目盛りより少し少なめに加える。煮汁が足りないときは水を足す。

5.4に茹でておいた豆を入れ、塩を加え、全体を軽くかき混ぜる。

6.炊飯器をセットし、通常どおりに炊飯する。炊き込みごはんモードや、おこわモードなどの設定がある場合は、それらも活用する。

7.炊き上がったら全体をざっくりとかき混ぜ、再度ふたをして10分ほど蒸らし、出来上がり。好みでごま塩をふりかけていただく。

 

おいしいの、作ってくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 11月
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー