豆は「しあわせ」のタネである

新聞掲載のお知らせ〜「国際マメ年」と豆料理レシピ

新婦人しんぶん 2月4日号

本日発行の「新婦人しんぶん」6面に

豆・まめ・マメ「2016 国際マメ年」の見出しで、原稿を載せていただきました。

IMG_20160204_121108

 

新婦人しんぶんは、1962年に創立された「新日本婦人の会」さんが、週刊発行されている新聞です。全国22万人の読者が読んでおられ、1部100円で販売されています。

最新号のお知らせは、コチラ

 

この度のコーナーを担当してくださった女性編集部員さんの仕事姿勢に、いろいろと学ばせていただきました。豆のことをやっていると、良いご縁がつながります。うれしいことです。

 

IMG_20160204_121721

 

掲載号は、豆ラボにも少しあります。実物をご覧になりたい方はご連絡ください。

今日も良いお天気です。

皆さまの周りにも、良いご縁と新たな運気がめぐりますように。(^^)

 

*掲載レシピ「節分豆(煎り大豆)で炊き込みごはん」のレシピをこちらに掲載しています。

 

DSCN1332 のコピー

節分豆と塩こんぶを使って作る 炊き込みごはん

IMG_20160119_114442

白いんげん豆、牡蠣、カリフラワー、小蕪などが入った白いシチュー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 19日

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー