豆は「しあわせ」のタネである

豆ラボ新年会 2017 KYOTO

ようこそ、ようこそ

昨年につづき、今年も豆ラボで新年会を開催しました。豆好きな方々にお声かけし、6名のご参加をいただきました。

岐阜や奈良からもご参加いただきました。スマホに写真がある方だけ載せておきます。昨年6月の豆イベント同窓会のような雰囲気のお顔ぶれ&若葉屋のマッキーさんです。

今回はタイミングが合わずご参加いただけなかった方、来年もまた新年会やります。(^^)

豆つながりのお仲間たちと集まって、豆っぽいのをいろいろ口にして、豆な一年にしようという試みです。そして、豆好きなちびっ子を育成したい願いを込めてやっています。

 

写真提供:若葉屋 高山真希子さん

 

豆っぽいの、豆っぽくないの、いろいろ

 

大船渡のKさんがお贈りくださった「三陸の早どり生わかめ」

奈良のTさまお手製の「黒豆煮」

伊藤美由紀さんレシピの「白花豆と鶏肉のレモン煮込み

洋梨のある季節だけ作る「黒豆と洋梨のマリネ

凛 vol.18 精進料理レシピより「根菜と大豆たっぷりの呉汁」、Tさまが豆ラボで作ってくださいました。一緒に台所に立つことができて、しあわせでした(^^)

そして、吉兆さんの「鯛お赤飯」! 前から一度、食べてみたかったから、この機会に皆さまといただきました。ごまは、白ごま。和食の料理人さんが作ってくださったお赤飯、家庭料理とは異なる奥深い味わいでした。

 

豆乳パティシエ・鵜野友紀子さんの「ミラクル*ケーキ」いちご味。小麦粉、卵、バターを使わずに作られたケーキを、皆さまと一緒にいただきました。クリームは豆乳クリームですから、これも、豆っぽいケーキ(^^)

そのほかにも食べたような‥‥ 参加者の皆さま、差入れやお土産や、いろいろありがとうございます。(^^)

 

遅めの新年会、ちびっ子まで含め女子会、皆さまと豆っぽい時間を過ごせましたこと、うれしかったです。段取りの悪さは、来年の新年会でリベンジしま〜す(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 17日

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー