豆は「しあわせ」のタネである

白いぜんざい

甘酒は飲む点滴

img_20161116_123243

絶不調・・・風邪をひいています。午前中、病院に行きました。事務所でおとなしく仕事をしているけど、今ひとつ冴えません。ダメねぇ・・・

こんな時は、甘酒が良いはず! 「甘酒は飲む点滴ですから、冬も夏も‥‥」みたいな原稿を前に書いた記憶があります。白い豆と米麹の甘酒を合わせてみました。

かつて、白小豆と合わせて「甘酒ぜんざい」を作りました。あのときは酒粕を使ったけど、

今回は米麹と、白あんの材料に使われる「手亡豆」を合わせてみました。米麹には手亡豆のほうが、麹のツブ感と喧嘩しないかなと‥‥ それに、これを使うと、砂糖ナシで充分甘いのです。

 

手亡豆の甘酒ぜんざい

作り方は、簡単です。水浸けしてもどした手亡豆をやわ茹でにして、甘酒用の米麹とあわせただけ。

分量は‥‥ 手亡豆 乾燥状態で1/2カップ、米麹200ミリリットル。麹の1/2量の湯を加えます。お餅とへぎ柚子はお好みで。

img_20161118_142011

滋賀県産のうるち米を使った米麹、けっこうな甘さです。豆のデンプン質が甘さを中和してくれます。おなかの中から温まりますよ。

これで風邪も、少しは治まることでしょう(^^)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー