豆は「しあわせ」のタネである

塩あずき キャンディ

塩飴いろいろ

7月から塩飴を買う機会が増えました。汗をたくさんかく人は、水分と同時に塩分補給も不可欠なのだそう。ひと頃は3袋ずつ買った塩飴は、いつしか5袋ずつになり、今日は一気に大人買い。(^^)

ドラッグストア、コンビニ、スーパー、駄菓子屋さんなど数軒の店で塩飴ばかりマークして買っていると、いろいろな飴があって楽しいです。

 

・昔ながらの塩あめ

・梅干し味の塩あめ

・塩レモン系、塩ゆず系

・コーヒー牛乳味(番外編)や塩キャラメル味、塩ミルキー

 

そしてナント、豆っぽい塩飴を見つけました! ふふふ。

 

味覚糖さんの「塩あずき」飴

自分用にも買って、試してみました。

 

 

口に入れる前から、小豆っぽいにおいがします。舌の上にのせると、味の第一印象は

あずきバーみたい!」でした。塩味が味覚として届くのは、数秒後。あずき味の飴は、私にとって初体験。一気に2粒、3粒と食べ続け、期待を裏切ることなくクセになる味です。

 

歯が丈夫なせいか、気がつくと2〜3分後にはガリガリと噛んでいます。

 

塩あずきキャンディの製造者は、UHA味覚糖さん。

BSフジの深夜番組「東京会議」で時々お見かけするパイオニア企業さんだったことも、ポイント高く感じます。(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー