豆は「しあわせ」のタネである

そのまま使える ひよこ豆

ひよこ豆の茄子カレー炒め

ドライパックの封を開けるだけで、すぐに使えるというのがこんなに便利だったなんて‥‥

IMG_20160320_105452 IMG_20160328_200542

〈材料 2人分〉

・ひよこ豆 ドライパック・・・1袋(すぐに使える豆100g)

・玉ネギみじん切り・・・1/2個分

・茄子の乱切り・・・1本分

・挽き肉・・・100g

・塩、コショウ、カレーミックス粉・・・好みの味に適量分

(カレー粉は顆粒のカレールーでもOK)

・オリーブオイル・・・炒め用に適量

 

野菜を切るところから、調理時間 約15分

〈作り方〉 *自分で水浸けし、茹でたひよこ豆を使うときも同じ分量、手順でどうぞ。

1.野菜を切る。茄子は軽く水に浸す

2.玉ネギを炒めて挽き肉、茄子を加え加熱。途中でひよこ豆も加えて炒める。

3.程よく火が通ったら、塩、カレーミックス粉で味を整え、最後に好みで黒コショウをガリガリと。盛り付け時に青みを足して爽やかに

 

IMG_20160329_133056

 

サンクゼールさんの「そのまま使える ひよこ豆を使いました。「白いんげん」でも代用できます。「虎豆」で作るときは、カレー味をみそに変えると虎豆っぽいです。炒めるときは、ごま油を使ってください。

*混ぜるだけのサラダは、こちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー