豆は「しあわせ」のタネである

激辛・チリコン タコライス

レッドキドニーとスパイシー料理

仕事の試作で、タコライスを作りました。

ソース替わりのトッピングにチリコンカン。材料には木綿とうふ、挽き肉、玉ネギ、缶詰のトマト、レッドキドニーを使います。そこに調味料、香辛料をたっぷり。

レシピでは、チリパウダーの分量は23gです。辛すぎるのは苦手なので、とりあえず10gで様子見です。

コリアンダー、クミンパウダー、チリパウダー、中濃ソース、ケチャップ、醤油、豆板醤、塩、黒コショウ‥‥ いつもながら、チリコンカンは香辛料を食べる料理のように思います。

 

からい(泣)

チリコンカンのチリパウダー以外は、すべてレシピどおりに作りました。

辛いのです。とっても辛いのです。涙と鼻水が止まらなくなりました。

木綿とうふの味など、わからなくなっています。とうふは挽き肉を減らし、カロリーを抑えるのに役立っていると思います。

ちりばめたトマトやレタスで味を中和させながら、それでも辛さについていけなくて、材料に使った残りのとうふをチェーサーにして、タコライスを食しました。

きっと、タコライスを生み出した沖縄の人や、チリコンカンの本場・メキシコの人などは、これくらいの辛さはヘイチャラなのでしょう。

 

激辛アレンジ

レシピどおりに試作しましたから、5人分ができました。

こんなに辛いのを、こんなにたくさん、どうしよう? そのまま食べるのは体質的に無理。だったら、どうする? と考えてリメイクしたのが、こちら。

茄子を斜めスライスにして、激辛チリコンカンで和えました。京都サイズの短い茄子2本に、チリコンカンを約一人分。

ごはんのトッピングにするより辛さが落ち着いて、涙なしに食べることができました。

残るは、あと一人分とちょっと。さぁ、どうする?

 

・ポテトグラタンのソース替わりにトッピング

・コッペパンの具としてサンドする

・パスタソース替わり

Mさん、こちらはいろいろアレンジしながら味わっています。この辛さ、やっぱりお子さまやご年配の方には、ややキビシイように思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2019年 4月
« 3月   5月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー