豆は「しあわせ」のタネである

大地のおやつ「うのはなマーチ」

「ツバメサブレ」と「うのはなマーチ」

京都の一乗寺に、恵文社という著名な本屋さんがあります。映画の1シーンに出てくるような景色の本棚が美しい本屋さん。そこには、おやつのコーナーもあって、本屋さんでおやつを買いました。

「ツバメサブレ」が呼び水。いつかは行きたいと念願している「ぎふ柳ケ瀬 ツバメヤ」さんの和サブレが目に入りました。同じ「大地のおやつ」シリーズをツバメヤさんの商品と思って購入したら、こちらは同じく岐阜の山本佐太郎商店さんのおやつでした。

どちらも、可愛すぎるパッケージ。正直、動機は「袋買い」です。(^^)

ツバメサブレは、やっぱりツバメヤさんのおやつだけあって、期待を裏切らない素朴なおいしさでした。

 

うのはなマーチ

イラストも可愛いし、名前もキュートですね〜。昭和女子は、こんなの大好き(^^)

「うのはな」すなわち「おから」です。おからを使ったおやつ・おからのかりんとう、なのです。

袋の裏にあった商品説明も載せておきますね。

 

食物繊維がたっぷりのおからを使ったおやつ、その多くが廃棄処分にされているおからを、こんなふうにおやつに加工してくださって、岐阜の株式会社e-バック各務原の皆さま、ありがとうございます。

岐阜のおやつを食べながら「ツバメヤさんに行ってみたい」という思いを強くしました。岐阜のお友だちにも会いに行かねば‥‥

 

おからのかりんとう「うのはなマーチ」、カリッと噛みごたえがあって満足感のあるおやつでした。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 11月
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー