豆は「しあわせ」のタネである

禅の友 9月号に原稿を載せていただきました

禅の友

禅の友』とは、曹洞宗の宗務庁で発行されている情報誌です。月に1回発行されている9月号に、原稿を書かせていただきました。

ぶつぞう探訪、禅のことば、身のまわりの禅、仏さまと日本人、『正法眼蔵随聞記』に学ぶ、今を生きる、禅僧ごはん、禅めぐり、ご本山だより、などのコーナーと特集記事、俳壇や歌壇などで構成されている「禅」の専門誌です。

A4サイズ 本文32ページの冊子に、見開き2ページの原稿を載せていただきました。

 

 

今を生きる

今を生きる」というコーナーに、仏教行事であるお彼岸に因み「おはぎ」について書いてください、とご依頼を受けたのは6月半ばのことでした。

 

曹洞宗さんの近畿管区教化センターで発行されている小冊子「凛」の編集に関わらせていただいておよそ6年になりますが、宗務庁さんで発行される冊子に、門外漢の私が豆のことで原稿を書かせていただけるとは、とても名誉なことで、うれしいです。

ご担当くださった宗務庁出版部のMさま、たいへんお世話になりました。

お孫さんと、お彼岸に丸めるおはぎ」のタイトルに合わせ、おばあちゃんとお孫ちゃんの可愛いイラストおよび、おはぎの挿絵を描いてくださった内山享子さん、ありがとうございます。

 

掲載誌が届いて、ひとり感慨深くながめています。

機会とご縁のある方は、どうぞ、お手にしていただけたら幸いです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 21日

豆行事や催しなど

2017年 11月
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー