豆は「しあわせ」のタネである

あす、丹波篠山市 農業振興大会にて講演をします

丹波篠山の黒大豆を未来へ

前々から準備を進めてきた丹波篠山市 農業振興大会での講演が、いよいよ明日になりました。

明日は午前中に丹波篠山に入り、13時半から始まる大会にそなえます。

・講演内容のレジメを作りました。

・写真の準備をしました。

・黒大豆染めの着物を着させていただくにあたり、着物合わせを済ませました。

・通しで練習をしました。

なんやかんや準備して、アッという間の3〜4ヶ月でした。

当初よりご対応くださった丹波篠山市 農都政策課 農業係の青野大地さま、黒大豆染めのきものを着用する機会を作ってくださった農都政策課 課長補佐の安井聡博さま、ほか関係者の皆さま、ありがとうございます。

黒大豆の聖地・丹波篠山で、豆の話をさせていただく。光栄なことであると同時に、身が引き締まる想いです。精一杯がんばります。

私の出番は、おおよそ2時半くらいからと聞いています。聴衆としての一般参加はOKとのこと。

 

丹波篠山の皆さま、よろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

    • ara
    • 2023年 3月 11日

    応援しています!

      • Nodoka
      • 2023年 3月 12日

      ara さま、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2024年 6月
« 5月   7月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー