menu

豆は「しあわせ」のタネである

【丹波篠山】2020 黒枝豆情報

【2020年はオンラインで】丹波篠山 味まつり   毎年楽しみにしている「丹波篠山 味まつり」、今年は中止だそうです。新型コロナウイルス感染症の影響‥‥、非常に残念です。 黒枝豆の時期に合わせて開催される「陶器まつり」ほか、丹波篠山市で10月開催の祭りごとも、ことごとく中止のようです。 替わ…

記事を読む

久在屋「地豆腐」に導かれ

久在屋「地豆腐」とは 全国各地に300種類あると言われる地大豆を使って久在屋で作るとうふ。 「国産大豆は、ほとんどが『奨励品種』と呼ばれる大豆ですが、その陰に隠れた幻とも言える大豆があります」「(地大豆)それぞれが、その時独自の特性を備えており、形、大きさ、色から、甘み、旨み、香りなどまでなどま…

記事を読む

ひよこ豆の明太ペンネ

週に1回、豆料理を作ろう 「週に1度は、豆料理」これは2014年夏に、奈良のイタリアンのお店と一緒に立ち上げたスローガン。あれからもう、6年もたったのだなとしみじみ。 昨今の豆なブログへの投稿は、枝豆やとうふに偏りがちでしたが、豆料理をブログに載せることで、また感度を上げていこうと思います。 …

記事を読む

枝豆のサヤごと炊き込みご飯

豆とご飯は相性がいい 気がつけば、豆を使った炊き込みごはんをよく作っています。豆も穀物、米も穀物、相性が良しな組み合せです。 そして、枝豆はやさい豆。ゴボウや人参と同じように、炊き込みご飯に合うのです。 今回の枝豆ごはんは、大阪府「八尾の枝豆」を紹介するテレビ番組で視て、やってみよう! と…

記事を読む

[治五左衛門のだだちゃ豆]尾浦・白山系

山形県鶴岡市から届く、今シーズン4回目のだだちゃ豆 治五左衛門の石塚ファームさんとご縁ができたのは去年のこと。今年は6月から、治五左衛門のだだちゃ豆を味わっています。 ◎つるおかぼんちゃ豆 ◎小真木だだちゃ ◎黒丸 ◎甘露 の4枝豆に加え、今回「尾浦」と「白山系」だだちゃ豆を送っていただ…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 9月
« 8月   10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー