menu

豆は「しあわせ」のタネである

【北海道 上士幌町】村上農場での研修記録

「研修」名目の体験取材 今回の農場研修は、2019年7月に「豆類時報 vol.97」で村上知之農場長の取材をさせていただいた後に、お願いしました。「来年の春、カッコーが鳴く頃に、豆のタネまきを見に来てもいいですか?」と。 無口な農場長は、YESともNOともおっしゃらず、ということは「来るな」では…

記事を読む

【北海道 上士幌町】小林先生に豆の選別を習う

パンダ豆の選別 上士幌町に来ています。豆選り小屋で、パンダ豆の選別を経験させていただきました。 パンダ豆はインゲン豆の仲間。白い豆ツブに黒い模様、白×黒から「パンダ豆」、別名「シャチ豆」とも呼ばれます。 豆の選別は、 まで書いて、疲労困憊して寝てしまい、すでに帰路に着きま…

記事を読む

上士幌町へ

カッコーが鳴いたら、豆のタネを蒔く これは私が、豆への興味を強くして「豆・豆料理探検家」と名乗り始めた頃に聞いたコトバ。 豆の王国・北海道では、春がゆっくりと始まります。「カッコーが鳴いたら」は季節を伝える北の大地のコトバです。 カッコーは例年、5月20日頃に鳴くそうです。「カッコーの鳴き声を…

記事を読む

【5/21〜 応募受付始まる】第5回 世界えだまめ早食い選手権

長岡へGO! 世界えだまめ早食い選手権 7月10日(日)、今年は3年ぶりに開催されます。新潟県長岡市、アオーレ長岡が会場です。 私は2018年に参加し、予選落ちしました。 その翌年、長岡の歴代チャンピオンのおひとりと東京で戦い、ボロ負けしました。 2020年はコロナ禍で中止、2021…

記事を読む

ケイ子さんのエンドウ豆

お母さん、ありがとう 届いたのは5月5日のことでした。ちゃんと書き残しておかねば、です。 「お母さん、畑で育てて」と送った豆のタネをちゃんと蒔いて、地植えで育ててくれました。 「送るのが遅くなったから、もう、終わりがけだけど・・・」と、3種類。 ▲ サヤ豆えんどう ??? ▲ えん…

記事を読む

豆行事や催しなど

2022年 5月
« 4月   6月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー