豆は「しあわせ」のタネである

豆のタネ《続篇》

すくすく成長中

ここ数日30℃超えで、作物はすくすく成長中です。水やりは夕方を心がけています。カラカラに乾いた土が湿るくらい、たっぷりまいています。

上の写真の手前がピー・スナップ。奥の2つが枝豆です。

ピー・スナップ(シュガー・スナップ)は、タネを撒いて発芽したのち、支えの棒を立てて成長を見守っています。パッケージを見ただけではわからなかったシュガー・スナップのタネは、「青えんどうにソックリ!」と思いました。

3つ一緒に入手した残りの2つも気になっていました。黄色い莢の豆と、赤い花が咲く豆、想像はしていたものの‥‥

 

BEAN BUSHとBEAN POLE RUNNER

先週末、帰郷した際に実家の畑に植えてもらうよう、手元にある3種の豆の説明をしました。

 

BEAN BUSHは黄色い莢の豆。別名「Gold Rush」の名が付いています。

袋を開けて気付いたのは、これ、白いんげんです。ふだん見かける白いんげん(手亡豆や大手亡、雪手亡など)に比べて細長い豆。いつか、鳥取産をいただいた豆と似ています。

 

BEAN POLE RUNNERは赤い花の豆。「Scarlet Emperor」の名が付いています。

赤い花の豆は思ったとおり、紫花豆でした。日本で見かける紫花豆(主に北海道産)より、小ぶり。手竹が必要な豆です。

 

3つの豆のタネは、これで解明しました。豆農家さんなら既にご存知のことだろうと思いますが、ふだん乾物状態かやさい豆しか買うことのない私にとっては、新鮮な発見でした。

小庭で育つSugar Snapの成長を楽しみに、収穫できるまで水やりを続けます(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 11月
« 10月   12月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー