豆は「しあわせ」のタネである

あんこ もの

「姥が餅」と写真レッスン

草津名物「姥が餅」 お皿に3つ、あんころ餅が出されました。「えっ、これ、おっぱい?」と思わず口にしたら、お持ちの名前は「うばがもち」と教わりました。 「姥が餅」と書くそうで、由来は永禄年間、織田信長に滅ぼされた佐々木源氏のひ孫を託さ…

記事を読む

北海道十勝産 特別栽培小豆のあんこ

4種類の小豆をあずかる 手元に預かった4種類のあずき。粒サイズ順に、 ・北海道十勝産 特別栽培小豆 ・北海道十勝産 えりも小豆 ・北海道十勝産 特選 大粒赤ダイヤ小豆 ・北海道産 大納言小豆 色がいちばん明るいのは、えりも小豆。…

記事を読む

とらやの「亥の子餅」と薯蕷饅頭

コロナの影響で 11月1日は毎年、護王神社の亥子祭にお邪魔しています。今年は新型コロナウイルス感染症予防のため一般参加は叶わず、昼間におまいりだけ済ませてきました。 せっかくだからと思ったけど、12時半過ぎにはもう「亥子餅」は完売し…

記事を読む

お彼岸です。おはぎを作りました

穀物屋 森光商店にて 彼岸とは、めぐりゆく季節の中で一年のうち、あの世とこの世が最も近くなる日。春のお彼岸と秋のお彼岸、2回めぐってきます。今年は9月19日(土)が彼岸の入りで、22日(祝)秋分の日が彼岸の中日、25日(金)が彼岸明けです…

記事を読む

とうふ白玉に、大福豆の白餡をのせて

こちらが完成写真。とうふ白玉に大福豆の白餡をのせて、シナモンをはらりと振りました。 ふんわり舌ざわりで、かたくなりにくい「とうふ白玉」 白玉だんごに使う粉は、白玉粉、寒晒粉などの名前で売られています。 もち米を…

記事を読む

豆行事や催しなど

2022年 8月
« 7月   9月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー