豆は「しあわせ」のタネである

[治五左衛門の枝豆]茶っころ姫

7月から9月まで、治五左衛門の枝豆

今シーズンに味わわせていただいた治五左衛門さんの枝豆は下記です。

・つるおかぼんちゃ豆 7月中旬

・小真木だだちゃ 7月下旬

・黒丸(舞台だだちゃ豆/黒鉄砲) 7月下旬

・甘露だだちゃ豆 8月初旬

・尾浦だだちゃ豆 9月初旬

・白山系だだちゃ豆 9月初旬

・平田だだちゃ豆 9月下旬

・秘伝豆 9月下旬

・茶っころ姫 9月下旬

 

だだちゃ豆のあとの枝豆

前回の秘伝豆が最後の枝豆かと思っていたら、治五左衛門さんにはもう一つ枝豆がありました。茶豆品種の「茶っころ姫」という枝豆です。

山形県鶴岡市から、「茶っころ豆」と「秘伝豆」の枝豆が届きました。

だだちゃ豆農家の茶豆「茶っころ豆」 410g入り

サイズはだだちゃ豆くらいで、2粒豆が多く、3粒豆も少し入っていました。茶色いうぶ毛がうっすらと、ゴシゴシ水洗いでだいぶ毛が浮いてきました。

 

茶っころ姫を味わいました

茶豆品種の枝豆ですが、加熱中の香りは緩やかで、柔らかい枝豆の香りがふわ〜っと漂いました。

温かいうちに味わうと、やっぱり茹で立てのコーンのようです。冷まして味わうと、茶豆と、だだちゃ豆と、白毛の枝豆をミックスして平均化したような、美味しくて食べやすい枝豆の味に思えました。

味のバランスが良い枝豆です。茶っころ姫は、たくさん食べても食べ飽きることがない、毎日でも食べたくなる枝豆。とでも言うのでしょうか。最後まで、おいしく味わいました。

治五左衛門の石塚ファームさん、ありがとうございました。

*そのほか枝豆について、豆なブログ「枝豆のこと」に書いています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 10月
« 9月   11月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー