豆は「しあわせ」のタネである

大豆粉のパンを作ってみた

豆のパン研究中

パンづくり3ヶ月目、甘くない豆のパンを作りたくていろいろ試しています。そんな中、大豆ミートや大豆フロマージュなどを味わったことがきっかけで、大豆粉のパンを思い出しました。

かつて2度、3度、口にしたことがある大豆粉のパン、私にとっては不思議な食べ物でした。その不思議な食べ物を、自分で作ったらどうなるのか、試してみたくなりました。

参考にしたのは、こちら。

2016 国際マメ年の頃に買った「大豆粉でつくるパンとお菓子」の本。実際に作ったのは確か1度だけ、大豆粉のクッキーを作りました。あの時は挫折の理由がつかめずに、そのまま諦めてしまいました。

今回は、強力粉で何度かパンを作った経験をもとに、大豆粉パンを作れるのではないかと‥‥

 

大豆粉パンは水分量がビミョウ?

生地をこねるとき、どうにもまとまらず、どうにもヘンな感じで、あらためて本を見ていたら、大豆粉によって水加減が変わると書いてありました。

私が用意したのは、京都タカシマヤの富澤商店で買ってきた「大豆の粉」と「小麦たんぱく」です。本に記載のレシピより、水を25cc多く加える必要がありました。だから生地がまとまりにくかったのでした。

あとは、いつもの強力粉で作るパンの要領で発酵させて焼いてみました。

かつての記憶で、なんとなくニオイが苦手だったから、生地にローズマリーを混ぜてみました。

大豆粉パンは焼き上がりの味がとても苦手。膨らみも今ひとつ。

夜焼いて、写真は1晩おいた朝の写真。

朝のほうがまだ、味が落ち着いたように感じました。。。

大豆粉パンのレシピ、2013年7月に初版が発行された本のレシピだから、こんな味なのでしょうか? 2021年の大豆粉パンのレシピは、もっと美味しいパンになっている?

そう。きっと変わっているはず‥‥

なぜなら、とても苦手だった大豆ミートが、昨今のものは驚くほどマトモになっていました。

大豆粉パンも、最近のレシピで作ったら違う味になっているはず‥‥

パン教室の先生は「大豆粉のパンは、製パン機を使わないとできない」と言っておられたのも、その要因かも‥‥? もしかすると私は、浦島太郎みたいなことをしてる?

「糖質オフ」など意識しているわけではなくて、豆のパンを作りたい流れで知っておきたいのです。

大豆粉のパン、おいしいパンを作りたいです。そして、大豆粉がうまくいったら、大豆ではない豆の粉のパンも作ってみたいのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 3月
« 2月   4月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー